東西の身体感覚の違い

東西というか、もしかしたら欧米とアジアの違い
あるいは宗教の違いなのかもしれないけど、
ダンス・舞踊における身体の捉え方について。

(A)西洋 – Occident
バレエやチアをはじめジャンプ技があったり、
つま先立ちをして重心をとにかく上へ上へ引き上げる。

(B)東洋 – Orient
日本・インドをはじめ膝を柔らかく使い重心は下。
(中国舞踊だと飛ぶことが結構あるけど)

どちらも軸はあって、頭頂部は上に引き上げられるのが基本。
けれど、重心の置き方が対照的。

それって、死後どこに行くのかの捉え方の違い
に由来するんじゃないかなって最近思う。

西洋なら、「天に召される」
東洋なら、「 土に還る 」

そもそもダンス・舞は神様に捧げるものだったり、
亡き人々に贈るものとして生まれたものが多いから
捧げる対照がどこにいるかが違いに繋がるのは、
当然といえば当然なのかな。

わからないのが、東西の交差点であるトルコ
イスラム神秘主義(スーフィズム)の旋回舞踊(セマー)。
どっちだ、どっちなんだ…。
<br/ >

これは捧げるというより、
呼び込む・一体化を目的にしてるから別物?笑

https://www.youtube.com/watch?v=YGMqqpzx4kI

<追記>
今日ランチお話したでフジのDは、
西洋は自然対峙・東洋は自然共存
の価値観が根本にあるから、
天に向くか地に向くか違いがあるのではと。

 


【ボイスヨガ 】
日本ボイスヨガ協会が主宰する、
ボイスヨガ指導者養成講座にご興味ある方は
以下よりお気軽にお問い合わせください。
東京在住でなくても、オンラインで受講頂けます。
ビデオ・対面で丁寧な指導とフィードバック・サポートが得られます。
1人1人が「本来持つ良い声」を引き出して、
〜心も身体もワントーン明るく〜

日本ボイスヨガ協会

【サイト運営】

会社でも、家庭でもない。個性が輝ける第3の場所。
Here's your 3rd Place.