田舎暮らしのアリエッティー

ご先祖様のお墓参りに徳島の片田舎に来ております。

タクシー乗る時に
母が住所ではなく「XX(地名)のXX(名字)まで」
と言うものだから耳を疑った(◎_◎;)

それで運転手さんが分かることに、驚愕。

田舎だし、外見が小旅館的な家だから
目立つというか、わかりやすいんだろう。

本家に着くと、
裏口に水々しい新鮮な野菜が置いてあった。
お隣さんが置いていってくれたらしい。

帰省するとご近所さんが気付いて挨拶に来てくれる。
いつの間にか、玄関からリビング入って
小1時間お茶していくこともしばしば。笑

ご近所関係における、この敷居の低さが、いい。

祖父母が亡くなり、今は主人なき家。
豪勢な家なのに、勿体ないと近所の人にも言われる。

中学校卒業まで夏休みは毎年来ていた。
私にとって「徳島」は、真夏の代名詞。

花火大会に行くよりも、
「阿波踊り」の鳴り物を聞いて踊らないと
夏を過ごした気がしない。

動画だと迫力が20%位しか伝わらないのが残念だけど、
6:30以降からボリューム大きくして観てほしい。
https://www.youtube.com/watch?v=vsbwVtulDUA
「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々〜♪」
このフレーズ、好き。笑

今年の阿波踊り退会は8/11〜15の5日間開催です。
時間ある人は、是非本場の空気に触れて下さい!
きっと踊らずにはいられなくなるでしょう。ほんとに。笑
http://www.awanavi.jp/docs/2013060700023/

コメント

タイトルとURLをコピーしました