プロのこだわり

この4日間、某大手自動車メーカーのプロモーション撮影アシスタントをしてました。
プロカメラマンの構図や証明へのこだわり
アートディレクターの細部の配色や密度のこだわり
監督の微細な動作や変化演出へのこだわり
舞台セッティングと構図やライトの調整だけで毎回1時間以上かかった。
pro
納得するまで何度も色々なパターンを作る。
時間は押してても、妥協せず寝る間を惜しんで仕事をこなす。
プロの仕事に感動。
何かを追求する時「執着心」は不可欠。
一昨日、長編映画の引退を表明した宮崎駿さんは昔
「天才とは、情熱を持ち続けられる人」と語った。
そんな、良き執着心を、どんなものでもいいから大切にしたい。
特に周囲が、つまらない・奇妙だ・地味だと思うものであればあるほど。
それを大切にすることが、きっと自分のユニークさになるから。
ともあれ、連日8時入りで終電や明け方まで撮影した皆さん本当にお疲れ様でした。
丸4日間、暗室の閉め切った部屋での仕事だったから、
陽の光が恋しいです...笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました