シングルマザーでも諦めない!ポジティブ離婚から子供への海外教育を考える

働く女性・自営業

個々の生き方の多様化に比例するように、
夫婦やパートナシップのあり方も多様化している今。

アメリカの離婚率は2組に1組、
日本では3組に1組が離婚しています。

日本では離婚に対してネガティブなイメージがありますが、
離婚は人生の選択の1つ、大切なのはその後どう生きるかです。

今回はポジティブ離婚を経て、
シングルマザーとして2人のお子様の育てる
Naturalistaインターン生のメグさんにお話を伺いました。

結婚後にご主人の駐在の関係で、
シンガポール・ロンドンと海外生活をされていて
お父様が末期癌で倒れたことをきっかけに日本に帰国。

死と対面したことで、
改めて考えさせらえれた自身の「生き方」。
今後の将来を描く中で、選択肢の1つとして離婚を選ばれました。

パートナーとは納得したものの子供達の心配や、
海外と日本における離婚の捉えられ方のギャップに苦悩したといいます。

現在は2人の娘さんのシングルマザーとして
育児と仕事の両立に励む
彼女が描く未来とは…?

多忙な中でも優しい笑顔に溢れる彼女の原体験は、
高校時代のスウェーデン留学にありました。

シングルマザーとして、子どもを守る

ーシングルマザーとして、子育てで何か意識していることはありますか?
海外に住んでいた頃は、離婚すること・シングルマザーになることが
ハンディーになるとは思っていませんでした。
けれど日本では、ネガティブなイメージを持たれるという現実に直面し、
同時に経済的自立という部分でハードルが高かったです。

そんな中で気を付けていたのは、
・子供が路頭に迷わないこと
・今までしたことを一切諦めないこと
・可能性や選択肢を狭めないこと

どんなに長く付き合っても、
どんなに惹かれあって一緒になったとしても、
結婚してみて初めてわかることもあります。
わだかまり、方向性に大きな違いがある中で
無理に一緒にいることはありません。

昔ほどではありませんが、
離婚は社会の「あるべき論」から外れているような目線、
かわいそうといった目線やシワ寄せが子供にいくのが1番嫌でした。

 

ー子育てと仕事の両立で何か大変だったことなどありますか?

保護者会、事業参観が平日だったので行けないことが多く、
それで子どもに寂しい思いをさせていたと気づいた時、両立の大変さを感じました。

また、体力的にも大変でした。
子どもがいると掃除や洗濯も増えるので、
今までより家事に労力も時間もかかりました。

夫婦で協力しても、母乳をあげれるのは女性だし、
子供も「ママがいい」と言うこともあって、
どうしても母親側への負荷は多くなりがちでした。

そんな中で、仕事は仕事。
子供がいて忙しいからと間違っていいわけではありません。
求められるパフォーマンスを発揮する必要があって、
体力、時間、仕事の問題が重なって大変でした。

ーお子さんは日本に帰国後、生活に馴染めましたか?
上が子が小学校4年、下の子は保育園の年中の時に帰ってきました。
最初は一時帰国のつもりで、日本の学校体験!のような感覚でいたので、
いつか帰れると思っていてとても楽しく生活を送っていました。
駐在していると、1年に1回くらいしか会えない祖父母、
親戚がいつも近くにいたので、とても楽しんでたんです。

でも、やっぱり日本にしばらくいるということになったら
日本のコミュニケーションのスタイルに対応仕切れず困っていました。

英語圏のダイレクトに表現する環境で育ったので、
日本のお友達の遠回しな発言が理解しにくいのか

「こう言われたんだけど、ほんとかな??」と聞かれることもありました。

直接的ではなく、暗に含む表現が多いので
コミュニーションスタイルの違いに悩んでました。

子どもは何よりも大切で、一緒に成長していく存在。

– お子さんがいて良かったと感じるのはどんな時ですか?

「自分のことのよりも、真っ先に優先させる」
ということは、出産するまではなかったと思います。

あとは、忍耐力がつきました。
子育ては思い通りにいかないことの方が多いので、
どうしてこの子はこういう風にするんだろうと
いろんな視点から考えて、真剣に悩むんですよ。

また、仕事もあって思うように時間もとれない中で、
セルフマネジメント能力も問われます。
「私も成長しなくちゃいけない」と子どもと一緒に学ばせてもらいました。


-結婚や出産を控える層に向けて一言お願いします

私が出産した時代は、
日本では完全母乳が一番いいという考えがあったり
無痛分娩ができる病院がなかなかなかったりしました。
(Meguさんは2人とも無痛分娩で出産)

日本の出産・育児に対する偏った考えがあったことを
出産してから気づいて、理想と少しギャップがあったんです。
なので、自分の望む育児スタイルができるのか、やってる人がいるのか、
あと自分のやりたいこと働き方、キャリアと育児の両立ってできるのか
考えておいた方がいいのかなって思います。

教育面を考慮した海外移住の検討

-近い将来、子供の教育を考えて海外移住を検討されているそうですが、何がきっかけですか?

私は17-18歳の多感な時期にスウェーデンに1年間留学しました。
ホームステイ先では日本人とほぼ会わず、
その家の子どもと同じような形で受け入れてもらい
私の価値観や考え方が変化する原点となった期間でした。

現地は、シングルマザー、離婚している人…
結婚はしていないけど
信頼できるパートナーがいる人も
ハンディーキャップが1つもない素敵な生活をおくっているのを見ました。

自己責任だけど、すごく自由な生活から日本に帰ってきてすごく生き苦しかったんです。

スウェーデンには失敗しても大丈夫、失業しても大丈夫、離婚しても大丈夫、
しっかりサポートをしてくれる環境があったんです。

国民の国への信頼もすごくあって、そういう社会とか世界を
子どもにも見て欲しいって思ったんです。

スウェーデン人の生き方、物の考え方は
「男女」で区別されておらず、人間目線なんですね。
そういった本質が私にすごくフィットして楽しかった。

最初は日本の都会で育ったので、高校生でホームステイした際に
スウェーデンの森の中で暮らすことに不安もありました。

でも、最後はスウェーデンの文化・ヒューマニズムが完全に適応して、
私絶対にスェーデン人であったに違いないって思いました(笑)
いい思い出しかないないんです。

当時のホストファミリーで今は90歳を超えるおばあちゃんは、
彼女自身の選択で、お1人でマンションに住んでいます。

福祉もとても整っていて、
望むライフスタイルをできるだけ叶えてあげられる国
なので、今でも素敵だなって思います。

 

-学生のうち・結婚前にやっておいて方がいいと思うことはありますか?

自分が何をやりたいのか考えておくことです。
ヨーロッパの教育に触れると先生が言ったことでも
改めて自分の気持ちを添えて自分の言葉で表現する機会が多くありました。
でも、日本は暗記が得意で偏差値が高い子が優秀という印象です。

日本人は自分の言葉で表すのが苦手なところがあると思うんです。
グローバル社会で通用するためにも自分で考えること、
相手を真正面から向き合うこと、きちんと伝えるために
ボキャブラリーを増やすことを意識して欲しいと思います。

ポジティブ離婚のロールモデルに。

-今後の展望や目標などはありますか?

これまで多くの方々に支えられながら経験してきたことを生かし、
自分の子どもや若い方々に、何歳になっても
活動的で夢や自分のやりたいことを生き生きと
追い続ける姿を見せていきたいと思います。

これまで女性が一生懸命働いても社会の枠組みによって
年収が1/3や半分になってしまう社会を目の当たりにしました。

海外経験や日本でのシングルマザー経験を生かして、
日本の価値観や仕組みを少しでも変えるきっかけになるよう
発信していけたらと思います。

孤独に悩んで寂しさに泣いている女性はたくさんいると思います。
離婚後に女性が先細る社会構造ではいけないと考えていて、
また新しい夢や希望を持てるようにしなくちゃいけないと思います。

離婚しても輝いている、というロールモデルを
作らなくちゃというのが心の底からの叫びです。

 


<記事担当>
取材協力:Meg
執筆協力:Akane
記事監修:Sachi

 

タイトルとURLをコピーしました