Why Yoga Pants Are Bad for Women 〜何故ヨガパンツは女性に良くないのか

 

Why Yoga Pants Are Bad for Women

ヨガパンツは何故女性にはよくないか


It’s a new year and I’ve got a new gym membership. I went the other morning. It was 8 degrees outside. And every woman in there was wearing skintight, Saran-wrap-thin yoga pants. Many were dressed in the latest fashion — leggings with patterns of translucent mesh cut out of them, like sporty doilies. “Finally,” these women must have thought, “pants that properly ventilate my outer calves without letting a single molecule of air reach anywhere else below my belly button.”

新年を迎えたので、私は気持ちも新たにスポーツジムに入会しました。外はマイナス13.3℃の寒い朝、ジムへ行ってみると、そこにいる全ての女性が体にぴったりと張り付いたサランラップのように薄いヨガパンツを履いていたのです。多くは最新のファッション(半透明のメッシュが模様として入っているレギンスで、まるでスポーティーなケーキの敷紙みたい)を身つけていました。この女性たちはこう思ったに違いありません。「ついに出たわ!ふくらはぎの外側にだけしっかり風を通して、下半身のそれ以外の部分には少しも外気を触れさせないヨガパンツだ!」と…。

Don’t get me wrong. I have yoga pants — three pairs. But for some reason none of them cover my ankles, and as I said, it was 8 degrees outside. So I wore sweatpants.

誤解しないでください。私もヨガパンツは持っています。3枚も。しかし、どういうわけか3枚とも足首まではカバーしてくれないし、先程も言った通り外はマイナス13.3度。そこで私はスウェットパンツを履くことにしました。

I got on the elliptical. A few women gave me funny looks. Maybe they felt sorry for me, or maybe they were concerned that my loose pants were going to get tangled in the machine’s gears. Men didn’t look at me at all.

私は有酸素運動マシンのエリプティカルに乗ってみました。何人かの女性が奇妙な目でこちらを見てきます。おそらく、私の事を哀れに思ったのか、もしくは私のたるんだズボンがマシンのギアに絡まるのを心配したのでしょう。一方、男性は私の事をチラリとも見ませんでした。

At this moment of cultural crisis, when the injustices and indignities of female life have suddenly become news, an important question hit me: Whatever happened to sweatpants?

女性の人生の不公平さと屈辱的な待遇が突如として降りかかり、文化的危機を目の当たりにしているこの瞬間、ある重大な疑問が沸き上がってきました。「いったいスウェットパンツに何が起きたのだろう?」

Remember sweatpants? Women used to wear them, not so long ago. You probably still have a pair, in velour or terry cloth, with the name of a college or sports team emblazoned down the leg.

皆さんはスウェットパンツを覚えていますよね?わりと最近まで女性がよく履いていました。ベロアやタオル地の、大学やスポーツチームの名前が脚の部分にプリントされている、恐らく誰しもまだ1枚はもっている、あのスウェットパンツです。

No one looks good in sweatpants. But that’s not the point. They’re basically just towels with waistbands. They exist for two activities: lounging and exercising — two activities that you used to be able to do without looking like a model in a P90X infomercial.

スウェットパンツ姿で素敵に見える人は、まずいません。しかしそこが重要ではないのです。なぜなら、基本的にスウェットパンツはただのベルト付タオルなのですから。スウェットパンツを履いてすることと言えば2つだけ。くつろぐか、運動するか、です。どちらをする時も、P90X(※運動と栄養の指導を組み合わせたホームエクササイズプログラム)の情報コマーシャルに出てくるモデルみたいな格好をしなくてもよかったはずです。

It’s not good manners for women to tell other women how to dress; that’s the job of male fashion photographers. Women who criticize other women for dressing hot are seen as criticizing women themselves — a sad conflation if you think about it, rooted in the idea that who we are is how we look. It’s impossible to have once been a teenage girl and not, at some very deep level, feel that.

女性に着こなし方を指図するのは男性ファッションカメラマンの仕事で、女性が他の女性に対してそれをするのはマナーがいいとは言えません。そして女性が他のセクシーな服を着ている女性を批判するのは、まるで彼女たち自身を批判しているかのように見えます。そういった考え方をするのは人を外見で判断しているからで、外見と人格を混同してしまうのは悲しいことです。かつて10代の少女であったならば、心の奥底でそれを感じないはずはありませんけれども。

But yoga pants make it worse. Seriously, you can’t go into a room of 15 fellow women contorting themselves into ridiculous positions at 7 in the morning without first donning skintight pants? What is it about yoga in particular that seems to require this? Are practitioners really worried that a normal-width pant leg is going to throttle them mid-lotus pose?

しかし、ヨガパンツはさらに状況を悪くします。冗談抜きで、体にぴったりとした高級ヨガパンツを履くことなく、朝の7時に15人の女性が体をねじっておかしなポーズをとっている部屋には入れないのでしょうか?ヨガについては特にこれを要求されるように思えるのは何故なのでしょう?ヨガをする人たちは、普通幅のズボンの脚がロータスポーズの最中に邪魔をすると本気で心配しているのでしょうか?

We aren’t wearing these workout clothes because they’re cooler or more comfortable. (You think the selling point of Lululemon’s Reveal Tight Precision pants is really the way their moth-eaten design provides a “much-needed dose of airflow”?) We’re wearing them because they’re sexy.

 

女性たちは、体にぴったりとしたスポーツウェアの方が素敵だから、着心地がいいから、という理由でそれらを着ているのではありません。(穴あきデザインによって必要量の空気を通すことができる機能が、本当にルルレモンのリヴィール・タイト・プレシジョンパンツのセールスポイントだと思いますか?※ルルレモン:アスレチックアパレルブランド)いいえ、それがセクシーだから着ているのです。

We felt we had to look hot on dates — a given. We felt we had to look hot at the office — problematic. But now we’ve internalized the idea that we have to look hot at the gym? Give me a break. The gym is one of the few places where we’re supposed to be able to focus on how our bodies feel, not just on how they look. We need to remember that. Sweatpants can help.

もし、それがデートであればセクシーに見えなくては、と思うのも当然です。では、職場ではどうでしょうか?ーそう見える必要はないと思います。しかし今、ジムではセクシーに見えなくてはいけない、との考え方が普通になってきていますよね?それには、ほとほと困ってしまいます。ジムは人の見た目に注目する場所ではなく、自分自身の体の様子に焦点をあてることができる数少ない場所です。そう、思い出してください。スウェットパンツならばそれを解決できます。

Control-top exercise leggings that hold in your stomach won’t help. Nor will — and this is a real thing — the push-up sports bra.

腹部をサポートするコントロールトップ・エクササイズレギンスは役に立ちません。プッシュアップ・スポーツブラもしかり。本当です…。

Frankly, I’m annoyed by the whole booming industry around women’s exercise, which is perhaps most evident in the rise of studio classes. According to the Association of Fitness Studios, Americans spent around $24 billion on studio fees in 2015, or about $4 billion more than they spent on traditional gyms — and that spread has only increased since then. Naturally, women are spending the most; they outnumber men in studio classes by more than two to one.

率直に言うと、急成長を遂げている女性のエクササイズ関連の業界にはうんざりしています。恐らく、スタジオクラス数の増加をみればはっきりわかるでしょう。the Association of Fitness Studios(※フィットネススタジオ関連のオーナーなどをサポートする協会)によれば、2015年にアメリカ人がスタジオクラスのレッスン代に費やした金額は従来のスポーツジムより約40億ドル多い、およそ240億ドルで、このあたりからその普及が広がっています。予想通り、その金額の多くは女性によって使われており、それらを受講している女性は男性の2倍以上におよびます。

They are paying for classes like SoulCycle (high-intensity stationary biking gets your soul super-toned!) and barre (look like a ballerina without ever having to dance!). And if you’re already spending $30 on a fitness class, why not spend $70 on the shirt to wear to it? In 2016, at what we can only hope was the peak of the market, Americans dropped almost $46 billion on “activewear.”

人々はソウルサイクル(高負荷のサイクリングマシンに乗って気分は絶好調に!)や、バール※壁付けの手すりを使うレッスン(一度も踊ったことがなくてもバレリーナの様に見える)のクラスにお金を支払っています。もし、既にフィットネスクラスに30ドルを費やしているのなら、ウェアに70ドル使ってもおかしくないでしょう。2016年にアメリカ人がスポーツウェアに費やした460億円が、その市場のピークであるとただ願うばかりです。

All of this turns working out from a healthy thing you might do twice a week into a Way of Life, where $120 leggings are more necessity than extravagance. Consider the way that these fancy exercise clothes have spread from the gym to the street, essentially outfitting women for every activity beyond white-collar work. Consider the way the step-counting Fitbit turns every errand into exercise. When yoga pants are the first thing grown women put on every morning, we can’t help absorbing the message that staying fit is our No. 1 purpose in life.

これらのことが、本来は週2回ペース程度の健康維持を目的として行う運動を、120ドルのレギンスが贅沢品ではなく必需品だと考えるようなライフスタイルへと変えてしまいます。この様な高価なスポーツウェアがジムから外へ広まったことを考えてみると、基本的に事務系の仕事を除く様々なシーンで女性に着用されているのではないでしょうか。歩数計のフィットビットが日常の全ての用事をエクササイズに変換していることを考えてみてください。ヨガパンツを履くのが大人の女性が朝起きて最初にすることだとすれば、健康維持こそが人生の1番の目的なのだと伝えているように思えます。

Women can, of course, be fit and liberated. We may be able to conquer the world wearing spandex. But wouldn’t it be easier to do so in pants that don’t threaten to show every dimple and roll in every woman over 30?

もちろん、女性は健康で、かつ自由であっていいと思います。スパンデックス(※ポリウレタン弾性繊維の一般名称)を身にまとって世界を変えることもできるかもしれません。しかし、30歳以上の全ての女性にいろんな凹凸をみせる恐怖を与えないズボンを履いてそれをする方が簡単ではないでしょうか?

Pantsuits had a moment, back in 2016. I think women are ready to give them another chance. And while we’re at it, let’s bring back slacks, too, and corduroys and, why not, even khakis. But the first step is to bring back sweatpants.

2016年頃にはパンツスーツにも好機がありました。私が思うに、女性たちはもう一度パンツスーツにチャンスを与える時なのではないでしょうか。そして同時に、スラックスや、コーデュロイのズボン、チノパンさえもリバイバルさせるべきです。しかし最初の一歩は、スウェットパンツを復活させることでしょう。

Deep-sea divers need skintight polymer pants; so do Olympic speedskaters. The rest of us could use some breathing room. So step into some slouchy pants with me. We don’t have to look quite so good when we’re just trying to look a little better.

深海へ潜るダイバーやオリンピックのスケート選手であればぴったりとしたポリマー製のズボンが必要でしょうが、そうでない人はもっとゆったりしたものを履いてもいいと思います。ですから、私と一緒にゆとりのあるズボンを履く生活を始めませんか?普段より少しマシに見せようとする時に、そこまで格好つける必要はないのです。


【ボイスヨガ 】
日本ボイスヨガ協会が主宰する、
ボイスヨガ指導者養成講座にご興味ある方は
以下よりお気軽にお問い合わせください。
東京在住でなくても、オンラインで受講頂けます。
ビデオ・対面で丁寧な指導とフィードバック・サポートが得られます。
1人1人が「本来持つ良い声」を引き出して、
〜心も身体もワントーン明るく〜

日本ボイスヨガ協会

【サイト運営】

会社でも、家庭でもない。個性が輝ける第3の場所。
Here's your 3rd Place.



Warning: Use of undefined constant ←消すと戻る - assumed '←消すと戻る' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/seekermind/naturalista.jp/public_html/wp-content/themes/nucleare/single.php on line 24