降水確率「 0% 」

未分類

最近、雨続きで冷え込みますね〜!

皆さん、このタイトル何と読まれましたか?

ゼロパーセント?
レイパーセント?

答えは...
『レイパーセント』!

スポーツキャスターのお仕事の際に、
気象状況の読み上げもしているのですが、
以下の理由から降水確率0%は必ず「レイ」と読みます。

・零(ゼロ)はまったくない状態を指す。無を意味する基数詞。

・零(レイ)はわずかであることを指す。
ex.零細企業は規模が小さいことを表す

降水確率は1ミリ以上の雨(or 雪)が降る可能性なので、
極論、1ミリに満たない霧雨であれば、
降水確率0%で雨が降っても
全然おかしくないんです...!

降水確率は10%刻みの値で発表されて、
1%の位は四捨五入になっているため
降水確率0%といっても、
実際には...0〜5%未満の値です。

...以上、豆知識の備忘録でした。笑

タイトルとURLをコピーしました