Alternatives to Drugs for Treating Pain〜薬に頼らず痛みに対処する方法

 


Alternatives to Drugs for Treating Pain

薬に頼らず痛みに対処する方法


Many years ago I was plagued with debilitating headaches associated with a number of seemingly unrelated activities that included cooking for company and sewing drapes for the house. I thought I might be allergic to natural gas or certain fabrics until one day I realized that I tensed my facial muscles when I concentrated intently on a project.

ずっと前、私はお客様のために料理をしている時、家で裁縫をしている時など、一見関連性がないようにみえる行動がきっかけでひどい頭痛に悩まされていました。はじめは、自分が天然ガスか特定の生地にでもアレルギーがあるのかもしれないと考えていました。でもある日、かなり集中して仕事に取り組んでいた時に、自分が顔の筋肉をこわばらせていることに気が付いたのです。

The cure was surprisingly simple: I became aware of how my body was reacting and changed it through self-induced behavior modification. I consciously relaxed my muscles whenever I focused on a task that could precipitate a tension-induced headache.

それを解決する方法はびっくりするほど簡単でした。自分の体の反応の仕方に意識的になって、自ら習慣を修正することで変えていったのです。緊張感のある仕事にとりかかる時は、その緊張が頭痛を引き起こさないように、意識的に筋肉をリラックスさせるようにしました。

Fast-forward about five decades: Now it was my back that ached when I hurriedly cooked even a simple meal. And once again, after months of pain, I realized that I was transferring stress to the muscles of my back and had to learn to relax them, and to allow more time to complete a project to mitigate the stress. Happy to report, I recently prepared dinner for eight with nary a pain.

約50年後に話を進めましょう。私は大急ぎで料理をする時に
(たとえ簡単なものであっても)痛む個所がありました…「腰」です。
そして何か月か痛みが続いた後、再び気付いたことがありました。
それは、自分がストレスを腰の筋肉に転換しているということ。
筋肉をリラックスさせる方法を身につけねばならないということ。
ストレス緩和のために仕事を済ませるまで時間に余裕を持つことです。
幸い、最近は8人分の夕食準備を痛みなくできました。

I don’t mean to suggest that every ache and pain can be cured by self-awareness and changing one’s behavior. But recent research has demonstrated that the mind – along with other nonpharmacological remedies — can be powerful medicine to relieve many kinds of chronic or recurrent pains, especially low back pain.

全ての痛みが、自己認識と習慣改善によって治ると言っているわけではありません。
けれど最近の研究では、精神的な要因が他の非薬理学的な治療法と同じように、
慢性的、または繰り返し起こるさまざまな痛みを緩和する、
強力な薬となりうることが証明されてきています。腰痛には特に。


As Dr. James Campbell, a neurosurgeon and pain specialist, put it, “The best treatment for pain is right under our noses.” He suggests not “catastrophizing” – not assuming that the pain represents something disastrous that keeps you from leading the life you’ve chosen.

神経外科医で痛みの専門家であるジェームス・キャンベル医師によれば、
痛みに対する一番の治療法は目と鼻の先にあるようです。
その痛みが破滅的な—たとえば
「あなたが選択してきた人生を邪魔するような悲惨なもの」
だとは思い込まないように勧めています。

Acute pain is nature’s warning signal that something is wrong that should be attended to. Chronic pain, however, is no longer a useful warning signal, yet it can lead to perpetual suffering if people remain afraid of it, the doctor said.

「鋭い痛みは、何か不具合が起っている本能的な警告サインなので、
病院へ行った方がいいでしょう。しかし慢性的な痛みに関しては、
もはや役に立つ警告サインですらなく、もし不安に思うまま
放置し続けていると、永遠に苦しむことになるかもしれない」
とキャンベル医師は言います。

“If the pain is not an indication that something is seriously wrong, you can learn to live with it,” said Dr. Campbell, an emeritus professor at Johns Hopkins Medical Institutions. Too often, he explained, “people with pain get caught in a vicious cycle of inactivity that results in lost muscle strength and further pain problems.”

「もし痛みが深刻な病気のサインじゃないのなら、それと共存する道を学ぶ事ができます。」と、Johns Hopkins Medical Institutionsで名誉教授を務めるキャンベル医師。また、「痛みを抱えた人は家に籠りがちになるという悪循環にはまって、筋力の衰えやさらなる痛みの問題につながるケースがあまりにも多いです。」と説明しました。

Throwing powerful drugs at chronic pain problems may only add to the problem because ever higher doses are often needed to keep the pain at bay. Knowing this, a growing cadre of specialists are exploring nondrug, noninvasive treatments, some of which have proved highly effective in relieving chronic pain.

慢性的な痛みに強力な薬を投与するのは問題を増やすだけかもしれません。
というのも、痛みのない状態を維持するために、
さらに高用量の薬が必要になることがよくあるからです。
これを知って、中心となる専門家達は薬に頼らずに
非侵襲的な(皮膚の切開等の手術を伴わない)治療法
を模索する者が増えてきています。そのうちいくつかは、
慢性的な痛みを緩和するのにかなり効果的だと証明されています。

The American College of Physicians recently issued new nondrug guidelines for treating chronic or recurrent back pain, a condition that afflicts approximately one-quarter of adults at a cost to the country in excess of $100 billion a year.

米国内科学会は先日、慢性的もしくは再発性の腰痛治療に対する
非薬物ガイドラインを発表しました。
これは成人のおよそ1/4が苦しんでいる症状で、
国の経済的コストは年間1000億ドルを超えています。

Noting that most patients with back pain improve with time “regardless of treatment,” the college recommends such remedies as superficial heat, massage, acupuncture or, in some cases, spinal manipulation (chiropractic or osteopathic). For those with chronic back pain, the suggestions include exercise, rehabilitation, acupuncture, tai chi, yoga, progressive relaxation, cognitive behavioral therapy and mindfulness-based stress reduction.

さらに同学会は、ほとんどの腰痛患者が
“治療に専念しない” 時間を持つことで快方に向かうと述べています。
温熱療法、マッサージ、鍼治療、場合によっては脊椎のマニピュレーション
(触診や手業による骨や筋肉調整:カイロプラクティックや整骨)を推奨しています。
慢性的な腰痛患者には、運動やリハビリ、鍼治療、太極拳、ヨガ、プログレッシブ・リラクゼーション、認知行動療法や、マインドフルネス・ストレス低減法などが推奨されています。

Drug-free pain management is now a top priority among researchers at the National Center for Complementary and Integrative Health, a division of the National Institutes of Health. A comprehensive summary of the effectiveness of nondrug treatments for common pain problems – back pain, fibromyalgia, severe headache, knee arthritis and neck pain — was published last year in Mayo Clinic Proceedings by Richard L. Nahin and colleagues at the center.

現在は薬を使わない疼痛(ズキズキした痛み)対策が、
米国国立衛生研究所の米国国立補完統合衛生センターの
研究者の中で最優先事項になっています。
腰痛、線維筋痛症、ひどい頭痛、膝関節炎、首の痛みなどの
一般的な痛みの問題に対する非薬物療法の有効性についての包括的概略が、
昨年、同センターのRichard L. Nahin氏率いる研究チームによって
メイヨークリニック会報の中で発表されました。

Based on evidence from well-designed clinical trials, the team reported that these complementary approaches “may help some patients manage their painful health conditions: acupuncture and yoga for back pain; acupuncture and tai chi for osteoarthritis of the knee; massage therapy for neck pain with adequate doses and for short-term benefit; and relaxation techniques for severe headaches and migraine.”

Nahin氏らの研究チームは、
しっかりと設計された臨床試験の根拠をもとに、
以下にまとめた補完的アプローチを利用することで、
痛みを伴う状態を患者自身が管理できる可能性があると報告しています。

・腰痛 - 鍼治療、ヨガ

・膝の骨関節炎 - 鍼治療、太極拳

・首の痛みへの短期的な効果 -マッサージセラピー(適切な時間、回数で行う)

・ひどい頭痛、片頭痛 - リラクゼーション療法

Weaker evidence also suggested that massage therapy and spinal and osteopathic manipulation may be of some benefit to patients with back pain, and relaxation techniques and tai chi may help patients with fibromyalgia find relief.

また、やや証拠は弱いものの、次に示すものもそれぞれ薦められています。

・腰痛へある程度の効果 - マッサージセラピー、脊椎マニュピレーション、整骨術

・線維筋痛症の痛みの軽減 - リラクゼーション療法、太極拳

Among the newest studies, conducted by Daniel C. Cherkin and colleagues at the Group Health Research Institute (now known as the Kaiser Permanente Washington Health Research Institute) and the University of Washington in Seattle, both mindfulness-based stress reduction and cognitive behavioral therapy proved more effective than “usual care” in relieving chronic low back pain and improving patients’ function.

the Group Health Research Institute
(現在はカイザー・パーマネント ワシントン衛生研究所として知られている)
のダニエル・C・チャーキン博士を始めとするチームと、
シアトルのワシントン大学によって行われた最新の研究では、
“通常の治療法”よりも、マインドフルネス・ストレス低減法と認知行動療法
の両方が、慢性的腰痛の緩和や患者達の機能回復に効果があると立証されました。

Cognitive behavioral therapy, or C.B.T., in essence teaches people to restructure how they think about problems. “There was already evidence that C.B.T. is effective for various pain conditions,” Dr. Cherkin said. “Our study showed that cognitive behavioral therapy and mindfulness-based stress reduction were comparable in reducing dysfunction and pain severity.”

基本的に、認知行動療法(C.B.T.)では患者達に問題に対する考え方を見直すように教えます。
「認知行動療法は色々な痛みの症状に対してすでに効果が実証されています。
私たちの研究によって、認知行動療法とマインドフルネス・ストレス低減法に
機能障害や激しい痛みを和らげる点で同等の効果があることを証明しました。」
とチャーキン博士は言います。

Furthermore, a cost analysis showed that the mindfulness technique – basically, a form of meditation that helps patients “get in touch with their bodies and their lives,” as Dr. Cherkin described it – proved more cost-effective than both C.B.T. and usual care in reducing both health care costs and lost productivity.

さらに、コスト分析によるとマインドフルネステクニックが
認知行動療法や通常の治療法より医療費や生産性の損失を減らす
という面で経済的だと証明されました。
(チャーキン博士の説明によれば、マインドフルネステクニックとは基本的に瞑想の一種で患者が “自分の体や命と対話する” のを手助けするものだそうです。)

The mindfulness technique, essentially a demystified form of Buddhist meditation, is taught and practiced in eight weekly two-hour sessions and combined with gentle yoga, Dr. Cherkin said. Patients learn to relax, become “nonreactive” to pain and not allow it to be the focus of their lives, he explained.

In a follow-up study done two years later, patients treated with mindfulness therapy or C.B.T. remained more likely to be improved than those who received usual care, the team reported in February.

チャーキン博士は「マインドフルネステクニックは本質的には仏教の瞑想から宗教性を取り除いたもので、ゆるやかなヨガと組み合わせて毎週2時間、8回のセッションを通して学びながら行います。患者さん達はリラックスする方法と、痛みに対して“反応しない”ようにする方法を学習し、痛みが生活の中心にならないようにしていきす。」と説明しました。
2月に発表された博士のチームレポートによると、2年後の追跡調査では、マインドフルネスセラピーや認知行動療法の治療を受けた患者達の方が、通常の治療を受けた患者達よりも改善したままの傾向があったそうです。

However, when it comes to accessing nondrug treatments for pain, there are two major problems. One is the failure of most health insurers to cover the cost of many if not all complementary methods and the practitioners who administer them. When forced to pay out of pocket, many patients are likely to choose a drug remedy – despite its potential pitfalls – that insurance will cover.

しかし、痛みに対する非薬物療法を取り入れるとなると、
2つの大きな問題が立ちはだかります。
1つは、ほとんどの保険会社が全てではないにしても
補完医療とその治療を行う医師への多くの費用をカバーできないこと。
自腹を切って支払わなければならないとなると、多くの患者が
保険でまかなえる薬による治療(思わぬ危険が潜んでいるかもしれないけれど…)
を選ぶでしょう。

Another challenge is availability. People residing in nonurban areas may be hard put to find a nearby therapist trained in cognitive behavioral therapy or mindfulness-based stress reduction or even an expert massage therapist, tai chi teacher or acupuncturist.

もう1つの問題は、それらを利用できる環境にあるか、ということです。
地方に住む人は、認知行動療法やマインドフルネス・ストレス低減法について
知識を持つセラピストさらには腕のいいマッサージ師、熟練の
太極拳インストラクターや鍼治療の専門家さえ見つけるのは困難でしょう。

However, there is another option too often overlooked that may be easier to find and is usually covered by insurance: physical therapy. In addition to a “tincture of time” to find relief from plaguing pain problems, good physical therapy can often speed recovery and, at the same time, teach people how to avoid conditions – including inactivity — that can precipitate or exacerbate their pain.

よく見過ごされるのですが、
探しやすくて通常は保険でカバーされるもう1つ選択肢があります。
それは、「理学療法」です。
つらい痛みの問題から解放される“時間という名の薬”に加えて、
良い理学療法は病状の回復を早めることがよくあり、
同時にどうやって痛みを引き起こしたり悪化させたりする状態
(家に籠りがちになることも含めて)に陥らないようにするかを教えくれます。

 


【ボイスヨガ 】
日本ボイスヨガ協会が主宰する、
ボイスヨガ指導者養成講座にご興味ある方は
以下よりお気軽にお問い合わせください。
東京在住でなくても、オンラインで受講頂けます。
ビデオ・対面で丁寧な指導とフィードバック・サポートが得られます。
1人1人が「本来持つ良い声」を引き出して、
〜心も身体もワントーン明るく〜

日本ボイスヨガ協会

【サイト運営】

会社でも、家庭でもない。個性が輝ける第3の場所。
Here's your 3rd Place.