SEOライティングのポイント(1)〜競合調査の方法

未分類

一生懸命書いたものは、多くの人に見てほしいですよね。

この記事は、キーワード選定が終わった後に、
よりSEO対策のできたライティングをしたい方に向けたものです。

本記事では、競合調査(競合分析)の必要性、
詳しい競合調査の方法について説明していきます。

 

1. 競合調査の必要性

どのキーワードをメインにして記事作成するか決めた後、
競合性をチェックする必要があります。

その理由は、
検索上位を狙うこと=現在上位表示されているサイトを追い越すこと
だからです。

そのためには、競合相手がどのような記事を
どのように執筆しているのか把握しなければなりません。

アクセス数をアップさせるには、
狙うキーワードの検索表示1ページ目に表示されている必要があります。
そのため、競合相手(特に10位以内のウェブサイト)を十分に分析し、
上位表示を狙いましょう!

2. 競合率チェック

いくら良い記事が書けていても、
そのキーワードにおいてすでにエキスパートや
全般的に情報を提供するブロガーなどが存在する場合、
初心者で全員を追い抜いてトップに躍り出るのは難しいです。

初心者として一番狙いたいのは
十分な情報がまだネット掲載されていないキーワードです。

例えば、

 

表から理解できるように、
Yahoo知恵袋などの悩み解決サイトが検索のトップに来ている場合、
そのキーワードを狙うべきです

逆に、検索後1枚目のページ全てが独自ドメインや、
中古ドメイン又見栄えの良いサイトの場合、
競合相手が強く、競争率が高いと言うことがわかります。

そこで、自分が提供できる情報の
キーワードの競争率が高いと感じたあなた!

同じキーワードで既に検索エンジントップを独占している記事が
どのような情報を提供しているか確認し、
自分の記事を書く際にはオリジナルの情報や考え方を
付け加えることで差別化する必要があります。

 

3. 競合相手をベンチマークとして置く

初めてSEOを考慮して記事を書く場合、誰でもわからないことだらけです。

その際は競合相手をベンチマークとして置きましょう!

ベンチマークから見習うべきポイント

上位に来ている記事がどのような工夫をしているのか調査することで、
そのキーワード特有のSEOを学ぶことができます。

競合記事を以下のポイントでチェックしてみましょう!

✔️タイトルの付け方

✔️コンテンツの配列順序

✔️どのような共起語を使っているか

✔️文字数はどのくらいか

✔️どのくらいの頻度でリライトしているか

上位に表示されているサイトは、
Googleからすでに良い評価を受けているサイトです。

いくつかのトップウェブサイトを見比べ、
評価される要素の共通点を洗い出すこともできます。

4. 最後に

 

SEO対策は行っても効果が出るまでに3カ月以上の時間が必要です。
すぐに結果としては現れないので地道にコツコツ頑張りましょう!

 


<参考>

・SEOキーワード選定する方法
https://manablog.org/seo-keywords/

・SEOで競合分析
https://seolaboratory.jp/91069/#p01

・ライティング前に!SEO競合分析ツールを駆使して上位表示を達成しよう
https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/5655/

・瀧内賢『これからのSEO対策』秀和システム,2017年


執筆担当:Kana

タイトルとURLをコピーしました