酵素とは?

1.酵素とは?

体の中.では、さまざまな化学反応が起こっています。
それぞれの反応を引き起こすために触媒として必須のたんぱく質が酵素です。

ヒトを含む生物が、摂取した食べ物を消化・吸収・代謝したり、
体の中で起こるほとんどの化学反応には、酵素がなくてはなりません。

それぞれの酵素は特定のものにしか反応することができません。
そのため、人の体内には約5,000種類の酵素があると言われています。

2.酵素の性質

ほとんどの場合、主要な構成要素は「たんぱく質」です。
そのため、他のたんぱく質と同じように
加熱すると構造が変化して酵素の機能を失ってしまいます。

もう一つの大きな特徴は、
限られた環境条件の下でしか働かないことです。

多くの酵素はヒトや動物の体内で働くために、
35〜40度の温度で最もよく働きます。

さらに、特定の範囲のpHの下でしか働くことが出来ません。
ヒトの体液のpHは7.35〜7.45なので、
多くの酵素は中性付近のpHで最もよく働きます。

しかし、胃の中は胃酸により強い酸性であるため、
胃で働くたんぱく質を分解する酵素であるペプシンは、
pH2という非常に低いpHの条件下で最も活性が高くなり、
中性付近ではほとんど働きません。

3.消化酵素

体の中で働く酵素の中で、大事なものの一つが食べた食品を消化する酵素です。
消化酵素は大きく分けると以下3つです。

(1)でんぷんを分解する酵素
でんぷんをブドウ糖に分解する酵素はアミラーゼ(amylase)
(2)たんぱく質を分解する酵素、
たんぱく質をアミノ酸に分解する酵素はプロテアーゼ(protease)
(3)脂質を分解する酵素に分けられます。
脂肪を脂肪酸&グリセロールに分解する酵素はリパーゼ(lipase)

それぞれの消化酵素の中にもさらに多くの種類があります。
例えば、プロテアーゼの中なら消化酵素の
ペプシン、トリプシン、キモトリプシンや、
パパイヤに含まれているパパイン、
パイナップルに含まれているブロメラインなど多くの種類があります。

また、体の中では消化の他に代謝においても重要な役割を果たしています。

吸収された栄養素からエネルギーを作り出す反応、
体内の有害物質を処理し尿などと一緒に排泄する反応の他、
体の成長、免疫反応、体の調節機能などにかかわる
多くの反応に酵素が関与しています。


逆説の逆説


【ボイスヨガ 】
日本ボイスヨガ協会が主宰する、
ボイスヨガ指導者養成講座にご興味ある方は
以下よりお気軽にお問い合わせください。
東京在住でなくても、オンラインで受講頂けます。
ビデオ・対面で丁寧な指導とフィードバック・サポートが得られます。
1人1人が「本来持つ良い声」を引き出して、
〜心も身体もワントーン明るく〜

日本ボイスヨガ協会

【サイト運営】

会社でも、家庭でもない。個性が輝ける第3の場所。
Here's your 3rd Place.



Warning: Use of undefined constant ←消すと戻る - assumed '←消すと戻る' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/seekermind/naturalista.jp/public_html/wp-content/themes/nucleare/single.php on line 24