ハーブティーアレンジ

こんにちは、最近めっきり冬になり、
寒い日々が続いていますね。

皆さんは「季節性うつ病」というのを
聞いたことがあるでしょうか?

季節性うつ病は、日照時間の短くなる冬にかけて
気分が落ち込みがちになり、
春になり始める春にかけて回復する
というサイクルをもちます。

症状としては

・なんだかわからないが落ち込んでしまう

・仕事がうまくこなせなくなる

・暴飲暴食に走ってしまう

・疲れやすくなったと感じる

などが挙げられます。

皆さんの心の不調も寒さが原因かもしれません。
そんな時におすすめなのがハーブティーです。

これまでハーブティーについての記事を
いくつか出しましたが、
今回はハーブティーのおすすめアレンジ方法を紹介します。

 

ハーブティーは

・薬のような味がして飲みにくい

・においが気になる

・甘くないので飲みにくい

など、人によっては苦手意識を感じている人も多いようです。
しかし、アレンジすることで飲みやすくなり、
日常に取り入れやすくなります。
気になるアレンジがあったら
ぜひ取り入れてみてください。

 

りんごジュース

ジンジャー、シナモンなどが含まれるハーブティーにりんごジュースをブレンド。

スパイスがりんごの甘みで緩和され、飲みやすくなります。

温めて飲むことで冷え対策にもつながります。

ジンジャーの効果

・胃腸の働きを整える

・血液循環を良くして冷え回復につながる

シナモンの効果

・毛細血管に作用し、シミ、シワ、たるみの予防・改善につながる

・水分代謝にも効果があり、むくみ対策につながる

個人的なおすすめはジンジャーの割合を多くすることです。

グレープジュース

ハーブティーとグレープジュースを混ぜると
ホットワインのような味わいになります。
サングリアなどが好きな人におすすめです。

ハーブティー はお湯の量を少なめにして、濃いめに煮出した後、
グレープジュースで割るのがおすすめです。

はちみつで甘みをプラスすると、喉のケアにもぴったりです。

ジン

ペパーミントなどのスッキリとした味わいのハーブティーは
お酒のジンなどと合わせるのもおすすめです。

ハーブは脳を活性化させる働きもあるので、
気分をスッキリしたいときにおすすめ。

ロシアなどの寒い地域では暖をとるのにお酒を利用していました。
寒い夜は適度にお酒を楽しんでみるのもいいかもしれません。

米焼酎

ハーブティー と焼酎の組み合わせは意外かもしれませんが、
意外と合うんです。

ロースヒップティーなどの酸味が米焼酎の
甘みやコクとマッチし、甘酸っぱいテイストになります。

焼酎は気になるけどなんだか少し渋すぎる
そう感じている人にもハーブティー
ブレンドすることでハードルが下がるかもしれません。

みなさんももっと身近にハーブティー
取り入れてみてはいかがでしょうか。

 


<参考>
ハーブのちから
http://an-herb.com


【ボイスヨガ 】
日本ボイスヨガ協会が主宰する、
ボイスヨガ指導者養成講座にご興味ある方は
以下よりお気軽にお問い合わせください。
東京在住でなくても、オンラインで受講頂けます。
ビデオ・対面で丁寧な指導とフィードバック・サポートが得られます。
1人1人が「本来持つ良い声」を引き出して、
〜心も身体もワントーン明るく〜

日本ボイスヨガ協会

【サイト運営】

会社でも、家庭でもない。個性が輝ける第3の場所。
Here's your 3rd Place.