ハーブティーアレンジ

未分類

皆さんは「季節性うつ病」というのを
聞いたことがあるでしょうか?

症状としては

・なんだかわからないが落ち込んでしまう

・仕事がうまくこなせなくなる

・暴飲暴食に走ってしまう

・疲れやすくなったと感じる

などが挙げられます。

皆さんの心の不調も寒さが原因かもしれません。


そんな時におすすめなのがハーブティーです。

 

今回はハーブティーのおすすめアレンジ方法を紹介します。

アレンジティーの作り方ポイント

1.メインのハーブを決める

多くの種類のハーブブレンドをアレンジで使用するのではなく、
メインのハーブを1種を選んでアレンジすることで、上手にブレンドすることができます。

2.苦味のあるハーブは多く使用しない

ハーブの効果だけを重視し、苦味のあるものを多く
使用してしまうと、お薬のような味が強くなってしまいます。
楽しんで、続けて飲むためにも苦味のあるハーブ入れる場合は
少し量を控えましょう。

また、苦味の強いハーブと酸味の強いハーブをブレンドする
際には、両方同じ量入れるのではなく、どちらかか片方を
メインとして使用しましょう。

3.味のバランスが悪いなと感じたら旨味の強いハーブを追加

旨味の強いハーブ(ローズヒップ、ジャーマンカモミール)を追加すること
で飲みやすくなります。

ドリンクと混ぜるだけ!簡単アレンジドリンク!

ジュースとの割り方

まず、アイスハーブティーを入れるます。
ジュース、ハーブティ 6:4 または 7:3 の割合
でアレンジします。

ハーブティの苦味に慣れてきたなと感じたら、
ハーブティーの量を増やしてみてください。

りんごジュース

ジンジャー、シナモンなどが含まれるハーブティーにりんごジュースをブレンド。

スパイスがりんごの甘みで緩和され、飲みやすくなります。

温めて飲むことで冷え対策にもつながります。

ジンジャーの効果

胃腸の働きを整える

・血液循環を良くして冷え回復につながる

日本でも古くから調味料や香辛料として使われてきた生姜を乾燥させたものです。ホットで飲むとぽかぽかに!
シナモンの効果

・毛細血管に作用し、シミ、シワ、たるみの予防・改善につながる

・水分代謝にも効果があり、むくみ対策につながる

個人的なおすすめはジンジャーの割合を多くすることです。

美容が気になる女性やダイエット中の方に人気のハーブです!赤ワインやスパイスを使ったホットワインにも用いられます。

ハーブティーの効果をさらに詳しく以下の記事で紹介しています!

ハーブティーは女性の味方!免疫力向上、アンチエイジング、リラックス効果も
ハーブティーには免疫力を高める効果、体質改善、リラックス効果、アンチエイジング効果など多くの効果が期待できます。本記事ではハーブティーの歴史から飲むメリット・効果、ハーブティーの保存方法まで詳しく説明しています。また、悩み別おすすめのハーブティーも紹介しています。

グレープジュース

ハーブティーとグレープジュースを混ぜると
ホットワインのような味わいになります。
サングリアなどが好きな人におすすめです。

ハーブティー はお湯の量を少なめにして、濃いめに煮出した後、
グレープジュースで割るのがおすすめです。

はちみつで甘みをプラスすると、喉のケアにもぴったりです。

お酒との割り方

お酒とのブレンドの場合、普通のウーロンハイと同じ割合で行います。
お酒とハーブティを4:6でブレンドします。

ジン

ペパーミントなどのスッキリとした味わいのハーブティーは
お酒のジンなどと合わせるのもおすすめです。

ハーブは脳を活性化させる働きもあるので、
気分をスッキリしたいときにおすすめ。

ロシアなどの寒い地域では暖をとるのにお酒を利用していました。
寒い夜は適度にお酒を楽しんでみるのもいいかもしれません。

食べ過ぎや飲みすぎの後のティータイムや、リラックスタイムにもおすすめです。

米焼酎

ハーブティー と焼酎の組み合わせは意外かもしれませんが、
意外と合うんです!

ローズヒップティーなどの酸味が米焼酎の
甘みやコクとマッチし、甘酸っぱいテイストになります。

「ビタミンの爆弾」と呼ばれるほど、ビタミンCが豊富なハーブとして有名です!

焼酎は気になるけどなんだか少し渋すぎる
そう感じている人にもハーブティー
ブレンドすることでハードルが下がるかもしれません。

他にも

・ウォッカとレモングラスティー
・ブランデーとラベンダーティー

などもおすすめです!

みなさんも自分好みのブレンド方法を見つけて、
もっと身近にハーブティー
取り入れてみてはいかがでしょうか。

 


<参考>
ハーブのちから
http://an-herb.com

enharb
https://www.enherb.jp/blog/b161107.html

Design with Tea Salon
https://shop-dwts.com/html/page18.html

タイトルとURLをコピーしました