【ハスキーボイス】原因と治し方〜声のコンプレックスお悩み相談室①〜

声ヨガ(ボイスヨガ )

こんにちは。日本声ヨガ協会代表の八田幸子です。

今回は声ヨガ受講生や声ヨガ講師から、

先生、ハスキーな声って治せますか?

と質問を頂くことが多いので、お答えしていきます。

 

ハスキーボイスは親近感があったりセクシーだったり、個性的で魅力的な声でもあり、憧れる人がいる一方で、コンプレックスな人も多いようですね。

先に結論を言うと「治せる場合もあります」。そもそもハスキーボイスには、先天的な場合と後天的な場合とがあるので、まずどちらに当てはまるのかを確認しましょう。

先天的な原因の場合

生まれつきの声帯の形など、先天的なハスキーボイスは治すのが難しいです。

疾患が原因の場合

嗄声(させい)
声帯に病変があるためしわがれ声・かすれ声などの音声が異常状態もあります。のどの奥にある声帯を振動させて声を出します が、声帯に異常が起こると「かすれた声」になり ます。この状態を嗄声(させい)と言います。嗄 声の原因は声帯自体に問題がある場合と、声帯を 動かす神経に問題がある場合があります。

反回神経麻痺 
反回神経は声帯の動きをコントロールしていて、麻痺すると声帯が動かなくなり、嗄声や誤嚥が起こります。喉頭麻痺や声帯麻痺と呼ばれる場合もあります。

大声を出した、風邪などのどの炎症を起こしたなど、原因が明確にわかる場合には、一時的な場合は心配いりません。のどを使わないようにするだけで改善が見込めます。原因に心当たりがない場合、あるいは職業や部活動など日常的に大声を出す必要があって嗄声を繰り返す場合は、耳鼻咽喉科の受診して専門医に相談しましょう。

治せるハスキーボイスのケース(後天的な習慣によるもの)

治せる可能性があるものは、疾患によるものではなく、長年発声方法を間違えていて、のどを痛めていたり、声が枯れやすくなってしまっているケースです。

この場合は、声ヨガによるトレーニングで心身調律と正しい発声法への矯正により治せる可能性があります。

ハスキーボイスを予防する方法

時々ハスキーボイスになる、なりやすいという方は以下の習慣がないか見直す必要があります。

喉を酷使し続けている

お酒を飲んで煙草を吸いながらカラオケ、というような生活は喉に大きな負担をかけます。一時的なしゃがれ声だったものが、ハスキーボイスになっていく可能性が高いです。

乾燥した環境にいることが多い

乾燥した環境で生活を送っていたり、換気されない滞った空気の中で過ごしていると喉に悪影響があります。なるべく空気清浄・加湿を心がけましょう。

咳き払いをすることが多い

咳払いは自体は喉に負担を与えます。声の調子が悪い時に無駄に咳払いをする方が多いですが、実は逆効果です。咳自体は器官に詰まった異物などを外へ吐き出す効果もあるので、やってはいけないとは言えませんが、むせた時以外などは、できるだけしないに越したことはありません。声の出が悪い時は咳払いではなく、うがいをしたり、飴を舐めたりしてください。

ハスキーボイスを治す方法

まず、声帯の閉鎖の力を強くすることが第一歩です。 後天的なハスキーボイスは、かすれ声が原因の場合がとても多いです。 つまり、発声時に通常は声帯は閉じるものですが、この声帯が閉じ切らず緩んだ状態で発声を続けていると嗄声になりやすくなります。

声ヨガ式の声帯閉鎖トレーニングは記事で書くよりも実際に一緒に行った方がわかりやすいので、よろしければ体験受講にお越しください。マンツーマンで丁寧にお伝えします。

 

日本声ヨガ協会の公式LINEを
https://lin.ee/2HAlZ0Z3J
⬇︎お友達追加すると...⬇︎
🎁声ヨガ体験動画を無料でプレゼント
🎁体験受講のお得なご案内
🎁最新の声ヨガ情報を共有

タイトルとURLをコピーしました