稼げるヨガインストラクターになるには?

ヨガ

 

こんにちは、Sachiです。

ヨガインストラクターとして資格は取得したけど、
・どう活動していけばいいか悩んでいる方
・活動しているけれど満足に稼げていないと悩んでいる方
いらっしゃいませんか?

近年、ヨガブームで資格を取得する方は年々増えています。
その一方で、資格を十分に活かせず稼げていなかったり、
ビジネススキル不足で生計を立てるのに悩んでいる方が
たくさんいらっしゃると思います。

私は、今年ヨガインストラクター歴11年目になりますが、
これからは、これまでの自分のもがき苦しんだり、
試行錯誤してきた経験を活かして
かつての私と同じ悩みを抱える方々に寄り添い、
支援ができたらなと思います。

今回は、そんな悩めるヨガインストラクターの方々に向けて、
稼げるヨガインストラクターになるためのポイントを
以下の2つの層に分けてお伝えしたいと思います。

 

 

スキルと経験が浅い方の場合

1.自分軸を作る

まず、どんなインストラクターでありたいのかというモットーを持つこと、そしてレッスンを通じてどんな価値を提供したいか定めることが大切です。ただレッスンをして決められたプログラムをして終わりではなく、そのレッスンから生徒さんがどんなものを得られるか考えて、あなたの価値を見出しましょう。また、あなたの個性を際立たせるために自分の特徴や強みを明確にしておくこともポイントとなります!

2.今後の展望を考える

インストラクターとしての自分の軸ができたら、次に今後の展望を考えておくことが大切です。例えば、「この地域と言えば〇〇インストラクター!」というように地域密着型でやるのか、それとも、各都道府県で週に一回様々なところでレッスンをする顔が広いインストラクターとしてやっていきたいのか、などどこでどのよう活動ていきたいのか考えていきましょう。

また、会社員として働くのか、フリーランスとして働くのかも大きな鍵になっていきます。会社員として働く場合は安定的な収入が見込めます。一方、フリーランスとして働く場合自由度は高まりますが、その分安定に収入を得るのは難しいシビアな世界になります。そのため、駆け出しの頃は、会社員やアルバイトとして着実にスキルや経験を身につけていくことがおすすめです。

そして、駆け出しの頃はレッスンの回数をこなすだけではなく、毎回テーマを持ってレッスンをし、生徒さんからフィードバックをもらうようにして改善に繋げるといったPDCAのサイクルを回すように心がけましょう。何より、生徒さんとのコミュニケーションを通して「また〇〇先生のレッスン受けてみたい」と思ってもらえるように頑張ることが大切です。

スキルと経験を持つ方の場合

1.会社員の方に向けて

 ヨガインストラクターとしてただレッスンをやっていればいいというスタンスではなく、企画提案など+aできることがないか考えてみてください。もちろん、スタジオで店長、チーフなどの管理職に就くなどの昇級の方法もありますが、自分の店舗を超えて生徒さんに喜んでもらうためには、こういうサービス、商品があったらいいんじゃないか、店舗全体でこういう企画があったらいいんじゃないか提案してみましょう。

あとは、レッスンをする側だけではなく、企画職やマーケティング職に転向するというのも1つの手です。会社員インストラクターとしてのメリットの一つは現場で経験を積んだ人だからこそ、広報やマーケティング、企画などに社内移動できる事だと思います。それによって昇級も望めると思うので、現場で培った知見をこのように活かすことができるでしょう。

しかし、ヨガインストラクターとして現場に立っていることが幸せと感じる方も多いのではないのでしょうか?そういう方にはレッスンの単価を上げるために、生徒さんやメンバーから良い評価をもらえるよう努め、昇級の交渉をしてもらう事もできるでしょう。

2.フリーランスの方に向けて

スタジオで定期レッスンをやっていらっしゃる場合は、こちらも同様、レッスンの単価を上げるために評価・評判を上げ、レッスンの回数を増やす声をいただくことが大切です。価格交渉を自分自身でしなくてはいけないことはフリーランスの難しさでもありますが、インストラクターとして勉強しながらより良いレッスンを提供するために時を見計らい交渉みているといいでしょう。

また、今勤務しているスタジオの他にもう少し自分を高く買ってくれるスタジオや企業に自分から営業にいくのも1つです。自分からプッシュ型の営業をするだけではなく、魅力的なインストラクターとして声をかけてもらえるようイベントなどに参加する事もできます。

 

両者に共通すること

そして、両者に共通することは、ビジネススキル不足オリジナリティー不足です。ビジネス不足というのは、需要と供給を考えた時に、自分の単価を上げていくためにはどうすればいいかの努力の方向性やお客様に喜んでもらうための企画やマーケティングの観点や交渉スキル足りなかったりする事です。そして何より、ヨガインストラクターとして個性が成り立っていないと声をかけてもらいにくくなります。人柄としての個性もあれば、私のようにvoice yogaという新しいジャンルを作るのも興味を持っていただけるきっかけになる事もあるのでオリジナリティー、個性を持つことはとても大切だと思います。

 

個性ある講師になるために

オリジナリティー不足で悩むあなたに。

Naturalistaの提供するボイスヨガ指導者養成講座ではvoice business academyという1年間プログラムの1つの講座になっています。そのスキル取得のための講座に加え、コンサルティングでセールスやマーケティング、自分のコンセプトメイキング、セルフブランディングの方法をお伝えします。また、ヨガインストラクター同士、ヨガに関心の高いコミュニティーの中に入っていただいてレッスンをして生徒さんから生の声をいただいたりなどフィードバックを貰える環境が整っています。ステップアップしてより稼げるインストラクターになりたい、ヨガインストラクターとして長く活動したいと考えている方はぜひ参加のご検討をしてみてください✨

稼げるインストラクターになるには? 2パターン
タイトルとURLをコピーしました