人の印象は「声」で決まる

出会ってから約4秒で決まると言われる第一印象。

会って間もない中では
親しみやすい…なんだか苦手…と
直感が優位に働き、無意識に判断されることがほとんど。

そこで今回は「第一印象」はどう作られるのか、
そして印象アップするためには具体的に
どうしたらいいのか学んでいきましょう!

「おはようございます」
「ありがとうございます」
「おつかれさまです」

日常で1度は使う、耳にする言葉ではないでしょうか。

だからこそ、ほんの少し意識するだけで
あなたの印象はぐっとアップするはず!

・ボソボソと気怠るそうに、重い口調で言う人
・ハキハキと明るく、軽やかな口調で言う人

どちらに良い印象を持つでしょうか?
もちろん、後者ですよね。

初対面で会う人や
TVや携帯など画面越しで誰かが話しているのを見る時、

「感じの良い人だな」
「なんだか素敵な人だな」
「元気な人だな」
「優しそうだな」

そういった印象を私たちは
どこで判断しているのでしょうか?

アルーバート・メラビアンでは、
視覚・聴覚・言語の3情報に矛盾があった際、
人は何を優先して印象判断するか実験したところ
以下のような研究結果を示しました。

55%が、表情・しぐさ・姿勢
38%が、声の質・大きさ・トーン
07%が、話の内容

ただ、これは情報に矛盾があったらという前提条件付き
最近では「人は見た目が9割」など極論が展開されてますが、
これは拡大解釈なので、誤解しないようにしておきましょう。

何よりこの3情報が一致していることが、
良いコミニュケーションの秘訣なのですから。

第一印象はくつがえらない?

「第一印象が悪くても後で挽回できるでしょ?」
と、思う人もいるかもしれません。けれど、
一度与えた印象を変えるのはとても難しいです。

第一印象で明るい印象の人は、ずっと
「明るい」とプラスのイメージを持ってもらうことができます。
これは初頭効果と呼ばれるものです。

しかし、第一印象が暗いイメージの人が
実は明るい人だった場合であっても、
暗いのに明るく振舞おうと頑張っている…
とマイナスイメージのまま進行してしまいます。

ですから、第一印象は
良くするに越したことはありません!

最近では、
就職活動で面接の前に動画で自己PRの提出を求める企業もいますが、
これからはテキストや写真だけではなく、
動画でも、より人物像が知られていきやすい時代です。

芸能人や司会者のように
人前に立つ仕事であるかどうか関係なく、
誰もが、話し方を以前より磨いていく必要がある
そんな時代になっていくのではないでしょうか?

ボイスヨガ では、あなたの心も声もワントーン明るくする
「本来の良い声を引き出す」レッスンを
マンツーマンで行なっています。

お問い合わせはコチラ


【ボイスヨガ 】
日本ボイスヨガ協会が主宰する、
ボイスヨガ指導者養成講座にご興味ある方は
以下よりお気軽にお問い合わせください。
東京在住でなくても、オンラインで受講頂けます。
ビデオ・対面で丁寧な指導とフィードバック・サポートが得られます。
1人1人が「本来持つ良い声」を引き出して、
〜心も身体もワントーン明るく〜

日本ボイスヨガ協会

【サイト運営】

会社でも、家庭でもない。個性が輝ける第3の場所。
Here's your 3rd Place.