NLPとは?

マインドフルネス

こんにちは、幸です。

先日、主人が北岡泰典さんから学んだNLPセッションをしてくれました。
インドでのヨガ修行の時に得られた感覚を思い出しました。

インドのヨガ修行で得られたのと似た感覚〜NLPセッションを受けた感想とオファー

その感覚は、いわゆる「変性意識状態」でした。

インドの山奥で5週間籠もって得られた感覚以上のものを、
2時間で体験できるなんて…衝撃。

以前、NLPは本を読んだことはあったものの、
成功哲学・自己啓発的や表面的なテクニック論なイメージを持ってしまいイマイチ学びたいと思う分野ではありませんでした。

けれど、今回のセッションを通じてヨガ・瞑想・セラピーとの繋がりを深く体感できたので、学びを深めて何度かに分けてアウトプットしていきたいと思います。

1. NLPについて

NLPとは?

NLPは、Neuro Linguistic Programの略で、
日本語だと「神経言語プログラム」と訳されます。
※ここでいう神経とは主に五感を指します。

NLPは、人にも
特定の入力に対して起動するプラグラムがある
という前提のもとに生み出されたものです。

人はまっさらな状態で生まれてきますが、
体験と言葉によって様々なプログラムを身につけていきます。

例えば、幼少期に犬に噛まれたら犬恐怖症になり、
時間に厳格な家庭で育ったら時間厳守という価値観が醸成されるでしょう。

このプログラムは無意識下(潜在意識)に宿っています。

では、無意識は一体何のためにプログラムを作るのか?
それは「安心・安全」を確保するためです。

人間の生存本能が、
安全な環境を求め、危険な環境を避けるために
すぐ反応できるよう無意識下にプログラムを作っています。

NLP誕生の背景

NLPの創始者は
John Grinder(ジョン·グリンダー)言語学者
Richard Bandler(リチャード·バンドラー)数学者

米国カリフォルニア大学サンタクルーズ校で教鞭とっていた
Gregory Bateson(グレゴリー・ベイトソン)の弟子2人です。

時は、1975年ベトナム戦争の終わった年。
戦線での過度なストレスによりPTSDなどの精神疾患に苦しむ米兵が多くいました。

即効性のあるカウンセリングや心理療法が強く求められていたことから、
2人は天才セラピスト達の行動パターンを徹底的に研究しました。

メンタルヘルスケアを臨床に落とし込んで、
統合失調症やうつ病を短時間で直すことを可能にしたのです。

こうして、精神療法の新しい代替としてNLPは広まりました。

NLP は「催眠の進化バージョン」とも言われています。
通常は深い催眠状態でしか達成できない効果を、
日常でできる軽い変性意識状態で得る方法論です。

コーチングの元にもなっています。

2. NLPのメリット・効果

NLPは、主に以下4つの面から効果を発揮すると言われています。

・他者とのコミュニケーション
・自己とのコミュニケーション
・心理的マイナス面の解消(トラウマやコンプレックス等)
・セルフイメージや目標達成能力の向上

 

また、北岡泰典さん曰く
瞑想や断食をせずとも、ケミカルに頼らずとも、
変性意識状態に好きにアクセスできるようになるとも言われます。

脳内麻薬とも言われるホルモン
・ドーパミン
・エンドルフィン
・セロトニン
をシラフ素面でも出せるようになるということです。

タイトルとURLをコピーしました