2020年、動画だけでなく音声配信がトレンドに!

ボイスヨガ(声ヨガ) / 声の仕事

ネットのインフラがソフト面でもハード面でも整い、
通信速度が早くなるにつれ、

情報収集は、文字 → 写真 → 動画 へと変遷してきました。

2020年、5Gの到来で動画ばかりが着目されていますが
実は今、音声配信(ポッドキャスト)が密かに熱い...!

ポッドキャストは、いわばネットラジオのようなもの。
トークショーから語学のレッスンまで様々な目的を持ったチャンネルがあります。

車社会で運転しながらでも楽しめることもあり、
アメリカではユーチューバーならぬ、
「ポッドキャスター」という種類の職業が成り立っています。

音声メディアの良いところ

音声メディアの最大のメリットは「ながら聴きできる」というところ。
料理を作りながら、通勤をしながら、ランニングや散歩しながらでも、            BGMとして容易に聴けます。
つまり、日常のあらゆる場面に溶け込めるのです。

現代の社会では、当たり前のようにスマホを肌身離さず携えている人が多いと思います。
特に隙間時間を埋めたい、時間を少しでも有効活用したいという考えの元、
バーチャルな世界に没頭する人が増えています。

そんな中、各サービス業が、隙間時間の奪い合いをしています。睡眠や仕事、家事などの生活を維持するのに、必要な時間以外の隙間時間のことを「可処分時間」と言います。
今日では、消費者の可処分時間を多く獲得した企業、つまり、人々が多くの時間を費やしているサービスに価値が産まれると言われています。有名なプラットフォームとしてGoogleやYouTube、Facebookなどが挙げられます。

わざわざ可処分時間で動画を見たりするだけでなく、何かをしながらも音声で情報を得る方が効率的だと思いませんか?
実際、車社会のアメリカでは、車に乗りながら実用的なラジオを聞くことで、無駄になってしまう移動時間を有効活用しようとしています。
そして、今では、ラジオを聞くだけでなく、一般の一個人がラジオのパーソナリティーとなって
自分のチェンネルを持ち、音声コンテンツを配信できるようになりました。

 

 

音声市場の可能性

音声市場の規模は、2016年時点で海外で約18億ドル(約2,000億円)。
一方、日本市場の潜在的市場は1,000億円といわれていますが、
現状での音声プラットフォーム市場は50億円程度にすぎません。

AI音声にアナウンサーも登場してきて、
文字入力もほぼ音声でできてしまう時代...。
これから音声市場がどうなって行くのか、楽しみです。


<参考文献>

   Audiobooks in the Classroom | Learning Ally. https://learningally.org/Solutions-for-School/audiobooks-in-the-classroom. Accessed 10 Apr. 2020.
   ITunes - Podcasts - FAQs: For Podcast Fans - Apple. https://www.apple.com/itunes/podcasts/fanfaq.html. Accessed 10 Apr. 2020.
   Jin, Li, et al. “Investing in the Podcast Ecosystem in 2019.” Andreessen Horowitz, 23 May 2019, https://a16z.com/2019/05/23/podcast-ecosystem-investing-2019/.
“10 Amazing Benefits of Audiobooks Every Book Lovers Should Know.” GladReaders, 16 Jan. 2019, https://gladreaders.com/benefits-of-audiobooks/.
 「会社概要」. Voicy, 2019年10月6日, https://corp.voicy.jp/company/.
  鹿毛康司 vs 前田裕二 「可処分時間」レースの勝者が時代を制す:日経クロストレンド. https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/skillup/00007/00009/. 参照 2020年4月10日.
 「なぜ今音声メディアが熱いのか。VR時代にVoicyが音声メディアに挑むワケ。」. Digital Shift Times(デジタル シフト タイムズ) その変革に勇気と希望を, https://digital-shift.jp/top_interview/IV191217. 参照 2020年4月10日.
タイトルとURLをコピーしました