夏は必見!ダウンする前に知りたい暑さ対策

8月に入りましたね!
今年は梅雨が長く、明けたと思ったら夏本番に突入。
いつもと違う気候の変化に身体は適応できているでしょうか?

太陽が出ていなくても、湿度のある高い温度は、
予想以上に私達のエネルギーを消耗しています。

今回は、私達が夏の暑さの影響から受けやすい身体の症状を、
定義・原因・対策に分けてまとめています。

どの世代の方にも読みやすいよう意識して書きましたので、
是非、皆様で共有して対策してください!

意外と知っているようで知らないことが多いかもしれません。
しっかり対策をして夏を満喫しましょう✨

1. 夏バテと対策

私達の身近な夏の不調と言えば、
夏バテではないでしょうか。

<定義>

高温多湿の夏に身体が対応出来なくなり、
自律神経系の乱れに起因して起こる、
身体がだるくなる、食欲不振といった
夏に起こるあらゆる身体の不調のこと。

夏負け、暑さ負けや暑気あたりとも呼ばれます。

「夏バテ」という名称から、夏特有の
病気と思われがちですが、気候の変化
が激しく、湿度が高い梅雨や初夏など
の時期にも比較的起こりやすくなっています。

<原因>

高温多湿の中で私達の身体は、体温を一定
に保とうとしてエネルギーを消費し、負担
がかかっています。この負担が強くなり、
耐えられなくなると、身体に溜まった熱を
外に出すことが出来なくなり、様々な不快
な症状が現れます。いわゆる、自律神経の
乱れによるものです。

「自律神経」の画像検索結果
引用:自律神経が乱れる5つの原因と整える方法

自律神経が乱れるだけでも、これだけの
症状が現れます!どれも私達がよく
感じる症状がゆえに、そのまま放置
してしまう方も多いかと思います。

自律神経は、暑くなると汗をかいたり血管
を広げたりして、体内にこもった熱を
逃がそうとするのですが、自律神経の
バランスが乱れることにより、その機能が
うまく働かなくなってしまい、夏バテの
症状が現れます。

昔の夏バテは、猛暑による体力低下・食欲
不振などの、いわゆる「夏痩せ」といった
症状がほとんどでしたが、現代の夏バテは、
室内と屋外の急激な温度、湿度の変化、
睡眠不足やストレスといった現代特有の
環境に起因して夏バテが起こることが多く
なっており、より原因は複雑化しています。

「夏バテ」の画像検索結果
引用:AJINOMOTO.Park|テーマ別健康と食情報|夏バテ

上のような環境や症状、どなたでも思い当たる
のではないでしょうか。私達を取り巻く環境
は、決して身体には優しくないことが分かります。

<対策>

・食事

汗をかくと、大量の水分とともにナトリウムや
ミネラルなどの身体にとって必要な栄養素や
多く排出してしまいます。これらの栄養素や
ビタミン、たんぱく質などを含む、栄養価の
高い食事を摂ることが、まずは大切な対策の
ひとつ。そして夏の冷たい食べ物は、とても
魅力的ですが…

冷たいものばかり食べていると、胃腸に
負担をかける原因となってしまいます。
温かいものを摂るようにしましょう。

それでも作る気力も食欲も無くて…という方
には、香味野菜やスパイスなどを使った
お料理がオススメ!
五感を刺激すると、食欲が湧いてきますよ✨

・室内での過ごし方の工夫

室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経は
乱れやすくなります。エアコンの温度をこまめ
に調節する、風が直接当たらないようにする、
上着を羽織るなどの調節をして、温度差を
小さくする工夫をしましょう。

2. 脱水症と対策

夏に怖い症状として一番に挙げられるものに
脱水症があるのではないでしょうか。
最悪は死に至ることもある怖い症状です。

<定義>

身体から体液が失われ、日常生活や生命維持活動
に障害が生じた状態のことを言います。

私達の身体のほとんどは、体液と呼ばれる液体で
満たされており、体内に入ってくる水分量と体外
へ出ていく水分量が一定に保たれることで体液の
バランスが維持されているのですが、その体液が
失われバランスが崩れると、体温コントロールに
支障を来たし、身体に必要な栄養素や酸素を
取り込めなくなり、不要になった老廃物は排出
出来ず脱水症が起こります。
適切な治療を受けないでいると、命に関わる場合
もあり、早期発見、早期治療が必要になります。

<原因>

外気の暑さにより大量の汗をかいたり、発熱、
嘔吐、下痢などにより、対外に出ていく水分量
が増加する場合に起こります。体調不良により、
飲食の量が減っても起こる可能性があります。

「脱水症」の画像検索結果
引用:梅雨明けから要注意!「かくれ脱水」

上の図のように、INとOUTのバランスが
保たれていることが大切なのです。

<対策>

水分が足りないのですから、水分を摂ること
が大切なのですが、脱水症にならないための
対策と、万が一なってしまった場合の対策と
に分けて、より詳しく説明していきましょう。

・脱水症にならないためには

こまめに水分を摂取することが一番の対策
です。起床時・朝食時・10時頃・昼食時・
15時頃・夕食時・入浴時・就寝時という
ように、計画的に摂取することが大切です。
1回の摂取量はコップ1杯程度です。

また、年代に応じた対策も必要です。
自分で計画的に摂取出来ない、乳幼児や
子供、高齢者には、計画的に摂取を促す
保護者や指導者が必要ですし、若者や成人
にも、水分を摂取出来る環境を作り、
飲みやすいようにする工夫が必要です。

場合によっては、スポーツドリンクなど、
失われた水分や電解質を補給出来る飲料
を利用することも良いですね。

・脱水症になってしまったら

経口補水液の摂取が有効です。先ほどにも
出たスポーツドリンクでも代用出来ます。
水分と電解質(特にナトリウム)を速やか
に補うことがとても大切になります。

引用:上手に利用したい水分補給に最適な経口補水液|味の素KK栄養ケア食品サイト

重度の脱水症になってしまうと、口から
の飲料摂取では不十分で、医療機関での
点滴による適切な補水を受ける必要が
あります。

3. 熱中症と対策

こちらは、みなさんお馴染みかと思います。
暑い環境で生じる健康障害の総称です。

<定義>

気温が高い環境にいることで、体温を調節
する機能が狂ったり、体内の水分や塩分の
バランスが崩れたりすることで起こる、
めまい・頭痛・大量の発汗・けいれん・
意識障害などの症状をまとめて熱中症と
言います。

軽症から重症まで段階に分かれ、入院し、
集中治療の必要がある場合もあるので、
その見極めが大切になります。

熱中症の分類
引用:頑張るシニア応援サイト|おとなの安心クラブSECOM

<原因>

「環境」と「身体の状態」が二大要因
言われています。
この二大要因が重なった時に熱中症が
起こりやすくなると言われています。

「環境の要因」
気温・湿度が高い、陽射しが強く、
風が弱いといった、いわゆる不快な
暑さのこと。

「身体の状態」
スポーツ後などの熱が産出された
状態、暑さに身体が慣れていない状態、
体調が良くない、といった状態のこと。

この二大要因が重なると、体内の熱が放出
されず、こもってしまい体温が上昇します。
乳幼児・高齢者・運動習慣がない人・
太っている人などは注意が必要で、特に
乳幼児や高齢者は、体温調節機能の未熟さ
や衰えにより、暑さを自覚しにくいこと
もあるためリスクが高くなり、注意が必要
です。
また、急に暑くなった日も要注意。身体が
暑さに慣れていないので、上手に自律神経
が働かず、体温調整が出来ないのです。

<対策>

規則正しい生活、睡眠、食事から日頃の
体調を整えることがまずは大切ですが、
脱水症の時と同じように、適切な水分・
塩分の摂取が必要になります。
万が一なってしまったら、室内などの
涼しい場所に移動し、衣類の襟元を
ゆるめ、身体を冷やします。首筋や
脇の下、脚の付け根や足首など、動脈が
通っている場所を冷やすようにします。

効果的なからだの冷やし方
引用:熱中症の症状・原因|くすりと健康の情報局ー第一三共ヘルスケア|

激しい頭痛や吐き気、40度近い高熱など、
症状が重い場合は、速やかに受診しましょう。
自力で水分が摂れない、異常行動や意識障害、
けいれんを起こしている場合には、一刻も
早い処置のため、救急車を呼ぶという選択肢
も忘れないようにしましょう。

4. 熱射病と対策

他のワードよりも聞きなれないかもしれません。
熱中症のひとつではあるのですが、実は、
高温によって引き起こされる病気の中で
最も重いもので、はるかに重症です。

<定義>

体温が異常に上がり、多くの器官系に機能障害が
起こる、生命を脅かす状態のことを熱射病と
言います。他の熱中症との主な違いは、体温が
40度を越え、脳機能障害の症状が現れるという
ことです。心臓・肺・腎臓・肝臓・脳などの
重要臓器に一時的・永続的な損傷を与えます。
体温が高くなるほど、特に41度を超えると、
より急速に障害が進み、死亡することもまれ
ではないのです。

<原因>

極度の高環境温で身体を動かしたり、閉め切った
暑い場所で活動している人に急速に起こりやすく
なります。特に高温多湿の環境に慣れていない人
が、急にその場所に身を置くと、よりリスクが
高くなります。
また、幼児や高齢者、皮膚の病気が元々ある方や
発汗を抑える作用のある薬を使用している場合
は特に注意が必要です。

対策

heatstroke
引用:熱中症対策について|仲良しスポーツ少年団

上の図にあるように、まずはその人の状態を
知ることが大切です。
意識が無いといった熱射病の可能性が高い
症状がある場合は、直ちに救急車を呼ぶべき
です。救急車を待つ間に出来ることは以下のような応急処置です。

・冷水に身体を浸す
・身体に水の霧を吹きかける
・扇風機で風を当てる
・首筋・脇の下・脚の付け根などを冷やす
・意識があり、吐き気や嘔吐が無ければ、
経口補水液やスポーツドリンク、薄い食塩水
などを飲ませる

熱射病になった場合は、様々な見極めが必要です。
このような状態にならないために、
日頃からの体調管理や水分補給などを忘れず
に行いましょう。そしてなってしまった場合
に備えての準備も必要だと再認識出来たかと思います。

いかがでしたでしょうか。
楽しい夏が、一変して辛い思い出にならないように
日頃からの体調管理に加えて暑さ不調の予防と対策、
を知っておくことが大切です。

良い夏をお過ごしください!✨

 


<記事担当>
執筆担当:Miki
編集担当:Sachi

<参考文献>
・NAVERまとめ|自律神経が乱れる原因と整える5つの方法
https://matome.naver.jp/odai/2148325496929898701
・AJINOMOTO.Park|テーマ別健康と食情報|夏バテ
https://park.ajinomoto.co.jp/kenko/natsubate/
・タケダ健康サイト|夏バテ
https://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=natsubate
・ウィキペディア フリー百科事典|夏バテ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E3%83%90%E3%83%86
・脱水症の原因と症状をご存知ですか。|経口補水療法|味の素株式会社
https://www.ajinomoto.co.jp/nutricare/useful/keikouhosui/02.html
・furi-kake by doda|梅雨明けから要注意!「かくれ脱水」4つのチェックと対策方法
https://furikake.doda.jp/article/2018/12/22/847.html
・脱水症状の予防には、こまめな水分補給が大切|飲料アカデミー|日本コカ・コーラ株式会社
https://www.cocacola.co.jp/article/hydration-tool_02
・頑張るシニア応援サイト|おとなの安心倶楽部|SECOM
https://www.secom.co.jp/otona/health/no12_1208.html
・熱中症の対策|くすりと健康の情報局ー第一三共ヘルスケア
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/31_nettyusyo/index2.html
・熱射病ー25.外傷と中毒ーMSDマニュアル家庭版ーMSD Manual
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/25-%E5%A4%96%E5%82%B7%E3%81%A8%E4%B8%AD%E6%AF%92/%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87/%E7%86%B1%E5%B0%84%E7%97%85
・【重要】熱中症対策について|仲良しスポーツ少年団
http://www.nakayoshiss.com/%E3%80%90%E9%87%8D%E8%A6%81%E3%80%91%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/


【ボイスヨガ 】
日本ボイスヨガ協会が主宰する、
ボイスヨガ指導者養成講座にご興味ある方は
以下よりお気軽にお問い合わせください。
東京在住でなくても、オンラインで受講頂けます。
ビデオ・対面で丁寧な指導とフィードバック・サポートが得られます。
1人1人が「本来持つ良い声」を引き出して、
〜心も身体もワントーン明るく〜

日本ボイスヨガ協会

【サイト運営】

会社でも、家庭でもない。個性が輝ける第3の場所。
Here's your 3rd Place.



Warning: Use of undefined constant ←消すと戻る - assumed '←消すと戻る' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/seekermind/naturalista.jp/public_html/wp-content/themes/nucleare/single.php on line 24