SEOライティングのポイント(2)キーワード選定

メディア活用・広報PR

ウェブサイト運営を始めたけれど、

どうやってSEO対策をしたらいいかわからない・・。

 

せっかく記事を書いたのに、

全然PV数やCTR率が上がらない・・・

 

といった悩みはありませんか?

 

今回は、SEOライティングの際に
必ず事前に考えるべき「キーワード選定
についてお話していきます。

1. キーワード選定

 

 

ブログ運営において収益を出したい場合、
キーワードを狙って執筆することが重要です。

キーワードを狙うことで、
SEO上位を目指すことが可能になり、
結果的にマネタイズへと繋がります。

1. 検索意図を理解

検索意図には以下の4種類があります。

全体の80%から90%がKnowクエリだと言われています。

同じキーワードで検索したとしても、人によって悩みや疑問は違います。

すべての疑問に答えようとするのではなく、
一つの疑問に一つの記事を書くことで
特定のターゲットを狙いましょう。

2. キーワードの種類

ビックキーワードであればあるほど、
マネタイズできる可能性は高くなりますが、

すでに他の競合によるSEO対策が強いため
検索上位は非常に狙いにくいです。

そのため、初心者はスモールキーワードを狙いましょう!

検索ボリュームは低いですが、想定読者が絞られるため、
検索意図を理解しやすく、読者個々の悩みを解決できる確率が高くなります。

結果、コンテンツにおいて高い評価を受けられる可能性が高くなります。

3. キーワード選定の手順

① メインキーワードを決定する

ウェブサイトの全体的なテーマに沿って記事の内容を決定し、

その後、どのキーワードをメインに持ってきたら想定読者が得られるかを考えましょう。

 

②サジェストやツールを使用する

関連キーワード取得ツール

Keysearch Beta

Good keyword

KOUHO.jp

ここではどのようなキーワードが実際に検索されているかがわかるため、キーワードを決める際アイディアを得ることができます。

 

③Yahoo!知恵袋や教えてgoo! から悩み系キーワードを探す

 

④月間検索ボリュームから決める

Google Adword(キーワードプランナー)

Ubersuggest

Aramakijake.jp

 

キーワードを狙って記事を執筆しても全く検索されていなければ意味がありません。
必ず月間検索ボリュームが100以上のものを選びましょう。

 

⑤競合性のチェック

狙っているキーワードの検索結果TOP10ページを分析しましょう。

「競合調査の方法を紹介!SEOライティング!」を読むことで、さらなるSEO強化を図ることができます。

詳しくはこちらの動画でキーワード選定のツールの使い方やキーワードの見極め方を説明しています。

検索をうまくするだけで仕事は捗る。仕事ができる人間だけがしているリサーチ方法

 

キーワード選定は難しくありません。
上記の方法を使うことで正しくキーワードを見つけることが可能です。

しかし、キーワード選定は記事執筆において重要な項目であり、キーワードの分析次第で記事の良し悪しが決まってしまいますので、慎重に時間をかけて行いましょう。

 


<参考>

・SEOキーワード選定する方法
https://manablog.org/seo-keywords/

・瀧内賢『これからのSEO対策』秀和システム,2017年


記事執筆:Kana

タイトルとURLをコピーしました