「SEO記事整理・キーワード選定」のためのマインドマップ活用法!

メディア活用・広報PR

 

 

ウェブサイト運営やブログ初心者の方、
どんなテーマの記事を書けばいいか迷っていませんか?

 

今後書く記事の方向性や具体的なロードマップなどはすでにできていますか?
多くの記事を投稿しても方向が間違っていたら、

その時間が無駄になってしまいます…。

「次に何の記事書こう?」と悩んだら、ブログ全体を把握し、
その方向性を確認するためにマインドマップツールの使用をお勧めします。

ここではマインドマップを使うべき理由と使い方のポイントを紹介していきます!

1. マインドマップツールはどういう時に使うの?

(1) SEO向上のための記事整理

コンテンツのズレを確認

SEOを意識する際、必ず意識するべきなのは、検索ユーザーの求めている「答え」がその記事に載っているかということです。

そこでマインドマップを使ってウェブサイトの全体像を把握することで、今自分がどのような情報を配信しているかひと目でわかります。そこで事前に定めていたターゲット層へアプローチができているか、有益な情報を提供できているか確認することができます。

リライト記事選択

マインドマップで、ウェブサイトの記事全てをひと目で把握できることと同時にリストアップすることで、重複したコンテンツの記事を見つけることができます。

 

また、マインドマップ作成時に一つ一つ記事を見ることで、記事において足りない点が見えてきます。そこで、その記事をリライト候補としてあげることができます。

(2) キーワード選定

 

多くの情報を提供する際、一つの記事にまとめるのではなく
「1記事、1キーワード」を心がけなければいけません。

その結果、読みやすい記事が出来上がるのです。

ここでマインドマップを使用することで記事を整理することが可能となり、どのような内容の記事が足りないか見えてきます。

 

例えば、

ニキビについて多数の記事を作成していたとします。

このようにマインドマップで整理することで、ひと目でどのような記事がすでにあるのかわかります。

そして、SEOキーワードを探すサイトを使用し、足りない内容の記事を見つけ出し、執筆することができます。

ここでは、

・ニキビパッチ
・ニキビ跡 レーザー
・ニキビ跡 場所 意味

などのキーワードを次の記事に向けて選定することができます。

 

さらにキーワード選定について詳しく学びたい方は、
こちらの記事もご覧ください!

SEOライティングのポイント(2)キーワード選定
ウェブサイト運営を始めたけれど、どうやってSEO対策をしたらいいかわからない・・。せっかく記事を書いたのに、全然PV数やCTR率が上がらない・・・といった悩みはありませんか?今回は、SEOライティングの際に必ず事前に考えるべき「キーワード選

2. マインドマップ作成時のポイント

(1) 独自ウェブサイトのテーマを意識する

 

一つのキーワードで検索エンジンのトップを狙うには、統一されたテーマで狙うことが重要となります。

 

その一つのビックキーワードについての細かい記事を執筆することで、PV数が増えると、結果的に検索エンジンサイトの上位に表示される可能性が高くなります。

 

(2) カテゴリー別に細かく分類する

記事のテーマをカテゴリー分けをすることでウェブサイト全体の方向性のズレを確認することができます。

この際に、「1記事1キーワード」でないものや情報が1つの記事に情報が溢れていると感じた際はさらに細分化しましょう。頭の中で整理するのではなく、ここでマインドマップツールを使用することで今まで見落としていた部分新しい記事のアイディアを思いつくかも知れせん。

 

また、カテゴリー分けに悩む場合はキーワードツールkeyearch Betaを使うと簡単にカテゴリー分けができます。

keysearch Beta

3. 無料のマインドマップツール「NoteMind」

 

Note Mindは無料でマインドマップを作成することが可能です!

このマインドマップツールの利点はマインドマップ作成後、そのままエクセルやスプレッドシートに文字の羅列としてペーストできることです。

 

一緒にエクセルを利用することで、記事のリライト状況等を確認することができます。

Mind Map & Brainstorm Ideas

 

マインドマップでコンテンツ全体を把握し、ブレのないウェブサイトを目指しましょう!


<参考>

https://manablog.org/seo-keywords/
https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/12653/

タイトルとURLをコピーしました