ストレッチポール

ヨガ

ここ2週間、
母がテニス中に右手首骨折→失神→入院→手術
と、色々ありました...^^;

先日退院したタイミングで実家へ戻ると、
なんでも手首を使えない分、
右肩に負担が集まってコリが酷く睡眠が浅いんだとか。

そこで、母に肩こり改善に効く
ストレッチポールの使い方をレクチャーしてきました。

翌朝、「久しぶりに熟睡できた〜ありがとう!」
とテンション高めに喜んでくれてたので嬉しい。

こちらがストレッチポール。

「ストレッチポール」の画像検索結果

ジムに行ったことある人は目にしたことあるかもしれません。
これ、ただの円柱じゃないんです...!笑

以下に一般的な使い方と効果をまとめておきます。

(1)体ほぐしに
ストレッチポールに乗り体の重みを全て委ねると、
自然とアウターマッスルがゆるみストレッチ状態になります。

(2)関節調整→姿勢改善に
乗った状態で細かな動きをすることで、
インナーマッスルが刺激され、
関節が正しい位置へと戻っていくと言われています。

(3)リラックスに
ポールに乗ると肋骨が左右へ広がり、
空気を深く長く取り入れることができます。
また、全身の重みを全てポールへ委ねることで、
緊張から解き放たれて、脳がリラックスモードへ。
(副交感神経が優位になりやすい状態へ)
頑張るというよりも自重でゆっくりとストレッチするので
通常のストレッチやマッサージでは、
緊張がとれにくい部分までリラックスさせてくれます。

 

大学時代にジムのトレーナーをしていた頃、
ヨガと別にストレッチポールのクラスも担当していたのですが、
あまりに気持ちいいので自分でも購入していました!

1万円未満でセルフマッサージも姿勢改善もできるなら、
安い物です。今年買って1番よかったアイテムかも。

種類様々ありますが、パーソナルのジムトレーナー達が
口を揃えてオススメしているのが、こちら。

日頃から外でトレーニングにしてる人で、
これを目にしたことない人は少ないのでは?

そのくらいジムではメジャーです。

特にオススメしたいのが「内肩」に悩める人。
姿勢改善にも、もってこいです!

骨格的に日本人に多く
特にオフィスワーカーは肩周りの筋肉の緊張から
なってしまいやすい「内肩」

これの解消や予防にとっても良いのが
ストレッチポールを用いた肩甲骨周りストレッチです。

Naturalistaのパーソナルレッスンでは
肩甲骨のほぐしからストレッチまで、
家でできる「一生モノのセルフケア」の
ノウハウを丁寧にお伝えしています。

ご興味ある方は気軽にお問い合わせ下さい♪
http://www.naturalista.jp/service/personal-private/

コメント

タイトルとURLをコピーしました