六代目「神田伯山」襲名披露興行@新宿末廣亭

アート・カルチャー

2/20(木)東京・新宿末広亭

人気講談師の神田松之丞改め、
六代目「神田伯山」の真打昇進
襲名披露興行の千秋楽へ行ってきました✨

末広亭は、自宅から徒歩5分くらいの近所。
住んでいるうちに行こうと思っていて...

今日たまたま調べたら、
神田伯山の襲名披露公演の千秋楽!
それにナイツもラインナップに入っていて、
「今日寄席デビューせずに、いつするんだ!」
とばかりに意気込んで、仕事終わりに駆けつけました。

4時間の立ち見

ディズニーもパンケーキも、
並んだり立って待たされるのが嫌いな私ですが...

今回、大好きな神田伯山さんのお披露目口上と
締めの演目見るまでに、4時間も立ち見してきました!
(末広亭は1回退場すると再入場できない)

神社なんかもそうですが、
目にするまでに様々な道のりと時間を過ごすから
たどり着いて味わい一層となる部分もありますが
(超ポジティブに捉えれば)

も〜足パンパンです!涙

襲名披露初日は、早朝5時半時点で40人位もの列。
先頭の方は前日午後3時から来ていたんですって...!
https://www.businessinsider.jp/post-207447
日本演芸史に刻まれる「六代目伯山」誕生、
という歴史的瞬間を目撃したい一心でしょうね。
演者もすごければ、観客の熱量も凄すぎます。

千秋楽の豪華メンバー!


私は寄席初心者で詳しいわけではありませんが、
桂文枝さんに、三遊亭小遊三さんに、ナイツに...
誰もが知る演者さんの多い回でした。

ナイツは当日の中居くん独立のニュースを、
早速ネタにしていて流石...!

仲入り(中休憩)終了間際では、
これから襲名披露口上...というところで、
幕裏で準備してる師匠方の会話がマイクオンで
客席に丸聞こえ!笑

和気藹々とした、良い雰囲気でした。

【密着#10】松之丞が六代目神田伯山になった日 〜新宿末廣亭、千穐楽〜【毎日更新】【神田伯山ティービィー】

 

襲名祝いに会場全員で「三本締め」したんですが、
今この瞬間を過ごせて幸せだなあ...!
と心の底から思えました。良い夜だった✨

桂文治さんは今回初めて知ったのですが、
寅さんみたいな絵に描いたような、ひょうきん顔!笑

MC面白くお上手で...色々と勉強させて頂きました。

淀五郎

 


最後の一席に神田伯山さんが選んだのは
「淀五郎」

急出世した役者が先輩方のアメとムチで、
時に挫けそうになりながらも評判や名誉だけでなく、
真に芸を深く理解し表現を追求していこうとする話。

松之丞としてのこれまでや、
伯山としての今後の心意気...
そんなが込められているようで感動しました。

今の時代って
SNSが盛んで、実態のよくわからない
フォロワーやいいねの数を追い求めがちですよね。

でも、何かの専門家になったり芸を極めたいなら、
数や注目を増やすことに躍起になってる場合じゃない。
己はただひたすらに、芸を磨くべし。

「恥ぃかいて、恥ぃかいて、ちょっとうまくなる」
という仲蔵の言葉が胸に刺ささりました...。

まるで話芸の神様が降りているような、お馴染みの憑依感でした。

何の演目だったか忘れてしまったれど、テレビで拝見した時
声色や高さではなく「息遣い」で男女を演じ分ける凄さに感動して、
それ以来ずっと生で観てみたいと思っていました。
(女性の方が肺活量少ないので、会話中の息継ぎが多い)

今回は女性の登場なかったとはいえ、
若手とベテランの男性演じ分けも素晴らしかった。
妊娠21週目で腹の重い中、4時間待った甲斐があったあああ...

神田伯山さん、
改めて真打昇進・襲名おめでとうございます!!

六代目神田伯山の真打昇進襲名披露の日程

30
別の場所でも襲名披露興行は続くので、
ご興味ある方は是非、生の迫力を楽しんできてください!

新宿末廣亭 2月11日(火・祝)〜20日(木)夜席
浅草演芸ホール 2月21日(金)〜29日(土)夜席
池袋演芸場 3月1日(日)〜10日(火)夜席
国立演芸場 3月11日(水)〜20日(金・祝)昼席
お江戸上野広小路亭 4月1日(水)昼席

タイトルとURLをコピーしました