界面活性剤フリーのスキンケアは実際どうなの?肌に優しいスキンケアを紹介

身体論

ジメジメする季節が終わり、本格的な夏がやってきます。

汗をかく季節は肌が潤っていると錯覚しがちですが、実は強い日差しと冷房で肌の内側が乾燥していることも。

これからの季節は、より入念なスキンケアが必要です。

この記事では、肌の刺激リスクになりうると言われている『界面活性剤』をテーマに、敏感肌の方にもオススメのスキンケアをご紹介していきます。

『界面活性剤』って良くないイメージだけれど、本当はどうなの?という疑問にも

現役ヘアメイクである筆者がお答えしていきます。

 

1. 化粧品に入っている界面活性剤ってどんな役割?  

化粧品は大まかに分けて水と油でできています。本来ならば混ざりにくい水と油を混ぜてくれるものが『界面活性剤』です。

食品で言うと“マヨネーズ”が代表的な例と言えるでしょう。原料となる油と酢を混ぜてくれる卵が界面活性剤といえるのです。

化粧品に入っている界面活性剤の役割には大きく分けて以下のように4つあります。

 

洗浄 メイクの油よごれを包み込み、水と馴染ませて洗い流す役割

  … 洗顔料、クレンジング

起泡 泡立ちをよくする役割

  …洗顔料

乳化 水と油が混ざりあう状態を保つ役割

  … 乳液、クリーム

湿潤 肌のような水をはじく性質を持った物の表面を浸透しやすい状態にする役    割

  …化粧水、美容液

 

以上のような働きを持つ界面活性剤は、高品質な化粧品を作る上で欠かせないものでもあります。

 

 

2. なぜスキンケアに界面活性剤は入っているの?

人間の肌の表面には皮脂があるので、水を弾きます。

ですので、ほぼ成分が水で出来ている化粧水は、肌に浸透しにくいのです。

そこで界面活性剤を配合しておくことで、化粧水の美容成分が皮脂膜や角質層にまで浸透しやすくなり、スキンケアの効果が高まります。

またクリームや美容液など粘度の高いものは、界面活性剤がないと分離してしまいます。成分が分離したクリームや美容液を肌につけることで、つけた成分に偏りが出て肌トラブルを起こしかねません。

界面活性剤はスキンケアの美容成分を肌に浸透しやすくし、品質を安定させ製品の効果を維持できるメリットがあります。

ですので、スキンケアの品質保持の為にも界面活性剤が配合されているのです。

 

 

3. ホントのところ界面活性剤入りのスキンケアって肌に悪いの?

「界面活性剤=肌に悪い」というイメージを持っている方もいらっしゃると思います。それは洗浄力が強いキッチン用洗剤に界面活性剤が入っていて、肌が荒れてしまったという経験をお持ちの方が多いというのが理由ではないでしょうか。

洗浄力が強い界面活性剤は、肌に必要な脂まで落としてしまい、肌荒れの原因になります。

肌の乾燥を防ぎ、外部刺激から守ってくれるものは皮脂』細胞間皮脂』です。界面活性剤はその皮脂をも溶かし、長期間使用すると肌本来の保湿力が失われていきます。その結果、乾燥肌や敏感肌等のトラブルを引き起こしやすい肌になる可能性もあります保湿をする為に塗っているものが、逆に乾燥を引き起こしているということも。

 

しかし、スキンケアに使われている界面活性剤は、洗剤などに使われているものとは種類が全く違い、配合量も極微量な為、毎日使用しても問題ないとされています。界面活性剤の配合量や成分などによって化粧品が肌へ与える影響は異なるので、「この界面活性剤を使っていれば安心」などとは一概には言えません。

そして、こういった界面活性剤の種類の他に気にされるのが「石油由来」「植物由来」「合成」「天然」といった部分かと思います。

しかし、化学的にみれば、同じ成分なら「植物由来」だろうが「石油由来」だろうが働きや安全性に違いはありません。

 

ですが、敏感肌の方にとっては肌への刺激になり得る場合もあるようで、

ご自身の肌の調子と相談しながら使用する事をオススメします。

 

 

4. スキンケアに入っている界面活性剤の見分け方 

化粧水においてはテクスチャーがシャバシャバしているものよりも、とろみがあるものの方が界面活性剤が入っている事が多いと言われています。

製品のパッケージに書かれている成分表は、1番含有量が多いものから表示する事が義務付けられています。

界面活性剤が成分表の最初の3つ目までに入っていると、製品に対する界面活性剤の含有量が多い為、注意したほうが良いでしょう。

成分表には、残念ながら界面活性剤とは記載されていません。また、界面活性剤の種類は2000とも3000とも言われています。

気になる方は、ご自身が使っているスキンケアの成分表に載っている成分の名前を、ひとつひとつ検索してみるのも一つの手です。

 

 

5. 肌に優しい!敏感肌の方にもオススメのスキンケア

ここからは敏感肌の方にも定評のある、お肌に優しいスキンケアを紹介していきますが、界面活性剤が入っているものに比べて用法が違うものが多々あります。よく振って使用するものや消費期限が短いもの等、製品によって様々です。必ず製品ごとの指示に従い正しく使用してください。

 

(1)化粧水 

・vilabo koreippon 120ml

鹿児島の天然温泉水と4種類の植物性ピュアオイル配合。お子様にも使える安心処方。界面活性剤、アルコール 、パラベン不使用。

1本で「補水」「保湿」を行うことが出来ます。

 

・ORBIS オルビスユーローション 180ml

敏感肌の方にも1年を通して安心して使って頂ける処方。保湿力に優れています。
油分、香料、着色、アルコール、界面活性剤不使用。

@Cosme 2019 ベストアワード 化粧水部門1位受賞

肌に触れた瞬間みずみずしく解け出し、内側から湧き上がるハリ感を実現する化粧水です。

 

・HABA  Gローション 180ml

笹から抽出した山のミネラルと、浸透力にすぐれる海のミネラルを配合した化粧水
防腐剤パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、鉱物油、タール系色素は不使用。

肌をみずみずしく立て直す基本の化粧水です。

(2)乳液

・vilabo まぜる乳液100  100ml

敏感肌、乾燥肌の方にオススメ。石油系合成界面活性剤、合成ポリマー、パラベン、香料、着色料、エタノール、フェノキシエタノール不使用。

植物性セラミド・水溶性コラーゲン・杏仁オイル・ホホバオイル・スクワラン・マカデミアナッツオイル高濃度配合

 

・ラッシュポゼ トレリアンセンシティブフリュド 40ml 

うるおい成分を70%以上配合した低刺激の保湿乳液で、48時間うるおいがつづきます。生後3ヶ月から使える安心設計。

肌なじみのいい乳液タイプでベタつきません。

 

・チャントアチャーム モイスチャライジングミルク 120ml  2,750円

植物オイルのヴェールが肌をやさしく包み込み、ハリとうるおい満ちる肌へと導く保湿乳液。石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、着色、シリコン不使用。

天然オイルが自然なヴェールをつくり、うるおいをキープ。ハリとうるおい満ちる肌へ導きます。

 

(3)美容液

・ネロリアボタニカ インテンシブ ビューティセラム 32ml 

オイル美容初心者でも使いやすいライトなテクスチャー。保湿ケアはもちろん、日焼け後のケアにもおすすめです。

 

・HABA スクワQ10 30ml

クワラン本来の働きに加え、年齢からくる悩み、ハリ、つやをサポート。エイジングケアのためのオイル。防腐剤パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、鉱物油、タール系色素は不使用。

外気の刺激から肌をガードしながらハリやツヤを与え、イキイキとした美しさをキープ。

6. おわりに

現在、市場に流通しているスキンケア製品は何度もテストされ、肌に影響が少ないと確認されてから販売されています。ですから、界面活性剤が入っているからといって一概に肌に悪いとは言えません。

インターネットでは、スキンケア商品の評価や口コミを簡単に知ることが出来ます。肌の状態は人それぞれです。誰かのオススメするスキンケアが、必ずしもあなたに合うとは限りません。ステクスチャーや香りが心地よいか、自分の肌に合っているかは、実際に使用してみて、ご自身の肌の調子をみて判断しましょう。

あくまでも自分の肌と対話して心地よいスキンケアを選ぶ事が大切なのです。

 


<参考>

・界面活性剤について
https://article.naturalista.jp/surfactant_free_makeup/

・細胞間皮脂
https://www.kao.com/jp/skincare/skin/structure-03/

・美肌マニア−化粧品成分データサイト
https://bihada-mania.jp/

・http://www.vilabo.jp/fs/vilabo/nyueki_shake100
・https://www.laroche-posay.jp/?p_id=L00269
・https://www.chantacharm.jp/products/detail/13
・https://sincere-garden.jp/SHOP/4560278220594.html
・https://www.haba.co.jp/f/dsg-010180

タイトルとURLをコピーしました