第一声からイイ声を!プロも実践!発声のウォーミングアップ教えます!!

ボイスヨガ(声ヨガ) / 声の仕事

あなたは自分の声が好きですか?

「朝一番は声の調子が良くない…。」
「会議やプレゼン発表の第一声に緊張する…。」
「声が通りにくい…。」

など特に第一声やここぞという時に良い声が出ない
と悩みを抱えている方のために、今日は
歌唱歴9年で多数の声楽家に師事したLeoがレクチャーします。

1.初めに

上記の皆さんの悩みはごく普通のことです。
声帯周りの筋肉がスリープモードですから
準備運動しないで全力疾走したら足が攣るのと同じで、
急に過度の負荷が喉周りにかかると、
声帯にダメージを与えてしまいます。

起床後すぐや無言状態(デスクワーク中)は、
声帯はスムーズに振動できない状態です。

そこで、「声のウォーミングアップ」
しっかりしてあげることがとても大切です。

今回は簡単に出来て、プロもやっている
ウォーミングアップ方法をいくつかご紹介します。

2.体全体のウォーミングアップ

イイ声を出すには体が適度にリラックスした状態であるべきです。
首・肩回りと、姿勢に分けて説明いたします。

1.首・肩

まずは、首回りや肩のリラックスです。
1.肩ぶらぶら
肩を右前左後⇔右後左前にぶらぶらと揺らして、肩を中心とする上半身をほぐします。
2.肩ストん
肩を上下に上げ下げしたり、肩を回して首から肩の筋肉をほぐします。
3.首まわし
最後に声帯のある首の筋肉を緩めます。
首を回すのもよし、前後左右にゆっくり倒すのもよし!

2.姿勢

 

発声と姿勢には非常に深い関係があります。
猫背になると胃が下がってきて横隔膜を動かしにくくなり、
腹式呼吸に悪影響になります。
また、胸が内側に縮こまるので胸の響きが悪化します。
ほかにも、顔が前に飛び出すので喉が締め付けられ、
声を出しにくくなります。

姿勢の取り方について、一般的には
かかと、腰、つむじを一直線にするとよく言われますが、
ここでは違う方法をご紹介します。

頭の後ろで両手を組んで胸を張ります。
その胸の高さをキープしながら両手を下せば完成です。

3.顔のトレーニング

体の準備が整ったら、顔をほぐしていきましょう。

1.唇

唇のウォーミングアップは唇をプルプルさせるリップロールです。
もっともポピュラーであり、非常に効果的です。
最初30秒は同じ音程で。そして音程を山なりに変えながらもう30秒しましょう。

リップロールできない人は唇の力を抜いて閉じ、
唇の両脇を指で添えながら息を吐き出してみてください。
リップロールをすることで、唇のリラックスだけでなく、吐き出す息量を一定にできるんです。

2.舌

舌のウォーミングアップは電話の着信音のように
「るるるるる」と舌を動かすタングトリルです。
10秒×3セットくらいやってみてください!

いわゆる巻き舌の事ですが、できない人も多いと思いますので、
やり方含めてご紹介します。
タングトリルの練習方法は非常にシンプルで、
小声で素早くとろろの言ってそれを繰り返すことです。

小声でかつ素早く言うことで、吐く息が高密度になり、
舌使いが覚えやすくなります。すぐにできることではないので、
短時間×継続でトライしてみてください。

タングトリルの代表的な効果は舌や声帯の筋肉をリラックスさせます。

3.表情筋

表情筋のウォーミングアップは2種類ご紹介します。
表情筋は滑舌・響き・トーンに影響するので非常に大切です!

(1)梅干しのように顔を縮めて、顔をパッと開きます。
これを5回くらい繰り返しましょう。
(2)両手を開き親指で頬骨の舌を押します。
その親指を視点に残りの4本の指を後頭部に持ってきて、
脇を絞めましょう。

こうすることで、表情筋が良くほぐされ、滑舌も良くなります。

4.響きポイントの意識

発声のウォーミングアップではありませんが、
意識するだけでイイ声をだせる方法をお教えします。
話すときに眉間を1センチ上げてみてください。

響きポイントのある鼻腔を広くでき、声色も明るくなります。

5.最後に

朝の目覚めの5分、眠気覚ましに、
プレゼン発表前にこのウォーミングアップをやってみてください。
声質がガラッと良くなり、印象も見違えるでしょう。

第一印象をよくするには「声」が鍵!
営業やプレゼンなどで第一印象をアップさせたい人必見!第一印象を明るく見せるコツは声にあった!明るい声を出すための5つのポイントもご紹介。声を明るくすると印象が変わって、周りの空気も明るくできるかも?

https://article.naturalista.jp/impression_voice/
上記の、2つの印象と声のコラムでにも書いている通り、
声は印象に大きなインパクトを与えます。

声を磨いて、好印象を手にしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました