WEBマーケティングとは?|基礎知識、施策まとめ|初心者でも解るこれだけは知っておきたいポイント!

未分類

 

 

現在スマートフォンの普及により、
従来のテレビや新聞での広告ではなくWEB広告が増加し、
企業のマーケティングもWEB へと変わりつつあります。

2018年度には、Web広告費が1兆7589億円に対し、テレビ広告費は1兆7848億円と、次年度には追い抜きそうな勢いで増加しています。

 

このページでは、初心者の方々でもわかりやすく、Web マーケティングで登場する各広告の特徴、施策を簡潔にまとめてみました!

 

 

 

そもそもマーケティング、WEBマーケティングって何?

マーケティングとは、モノやサービスを売るための活動のことで、従来は、テレビや雑誌のマス広告や来店した顧客に対して行っていました。

それをWEB上で行うWEBマーケティングでは、時間、お金、人件費をカットできます。そして、地域を制限せず、結果が数字で見れるので、測定、改善しやすいというメリットがあります。

 

1.集客施策  

(1) SEO(検索エンジン最適化)

SEO (検索エンジン最適化) とは、GoogleやYahoo!の検索結果で露出を多くすることです。検索ユーザーのニーズに合致し、また良質とGoogle が認識すると上位表示されます。ただし、お金を払っての上位表示はできません。

 

(2) リスティング広告
Google やYahoo!といった検索エンジンでクリック課金制(クリックされただけ費用が発生する)によって、行われている。ユーザーが打ち込む検索キーワードを指定して広告投稿をするため、明確なユーザーのニーズに向けて発信することができる広告です。

ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードの三種類に分類可能で、ミドルキーワード、スモールキーワード、すなわち、より細かく検索キーワードを指定することで、ユーザーのニーズにより合ったクリックを獲得することができます。そして、リアルタイムに配信をコントロール(配信開始、停止)することができます。

 

(3)アフィリエイト広告
基本的に広告主が提示した、成果ポイント(お問い合わせ、購入、申し込み、資料請求等)に広告掲載側が達成したときに、成果報酬制の広告で、達成しなかった場合支払う必要はありません!!

 

(4)アドネットワーク広告
アドネットワーク広告では、WEB広告媒体を一つに集約して、インターネット広告配信を行い、効率よく顧客へアプローチすることができることがメリット!それぞれの媒体ごとでの手続きは不要です。ですが、デメリットとして出稿媒体を選べないということがあります。

~人気プレイヤー~
*Google AdSense

*impAct

*Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)

*i-mobile

(5)SNS広告
ソーシャルメディアに広告投稿をすること。より細かいユーザーの属性に分けて配信できる。

~Instagram、Facebook、Twitterの特徴~


10~30代の女性利用者が多く、視覚的にアピールできる。アパレル、美容、旅行関係のマーケティングが得意!100円からでも広告が出せます。

 

 


30~40代の利用者が多く、クリック課金制で、1000表示から料金が発生する。小額から広告を開始できる。ただし、ユーザーでない人へはリーチしにくい。アップデート回数が多く対応が必要!

 

 


10~20代の利用者が多い。Twitterの広告は、オークション製、広告の魅力、入金額、ターゲットにしているオーディエンスの人数、競争広告主の数によって広告の金額がきまります。
ユーザーの声が拾いやすく、短期間で急激に拡散する可能性があるという特徴があります。

 

(6)リターゲティング広告


過去Webサイトにアクセスした際に付与された「クッキー」を持っているユーザーにだけに、広告を配信する。
以前アクセスしたページの広告が、他のページを閲覧している際に出てくる。
ネタ切れ 配信の内容が分からない際などに、

*開封率増加
*退会率減少
*クリック率増加
を狙える。

最適なコンテンツ、タイミング、ターゲットを考えることが重要です!

 

(7)メールマーケティング

メルマガにとどまらず、保有しているメールアドレスに、そのユーザーに合わせたメールを送り、WEBサイトのアクセスを促す方法。

 

(8)ソーシャルメディア対策

ソーシャルメディアの公式アカウントで、ユーザーとコミュニケーションをとりながら、WEBサイトアクセスを促す方法。

 

2.回遊施策

 

(1)LPO(ランディング最適化)
ユーザーのページからの離脱を避けるためランディングページ(リスティング広告などからアクセスした最初のページ)をより簡潔で分かりやすくすることです。

 

 

(2)EFO (入力フォーム最適化)

ECサイトのショッピングカートや資料請求の住所入力フォームでのユーザーの手間を減らすことで、フォームの通過率を上げ、購入や問い合わせを増加させます。

 

~例~

*入力漏れがあるときに「入力ボタン」を押せなくする
*フリガナの自動入力
*郵便番号から住所を入力

 

最後に
これからも重要視されるであろうWEBマーケティングですが、
外的要因に左右されやすいという性質を持っています。
なので、社会の流行を知っておくことが重要です。
新しいもの、ことへの興味を忘れず、WEBマーケティングを楽しみましょう‼

 


参考文献
1.SEOに強い文章の書き方
https://seolaboratory.jp/18730/
2.アドネットワークとは?初心者にも分かる入門編!
https://satori.marketing/marketing-blog/what-is-marketing/ad-network/
3.リターゲティング広告の仕組み
https://liskul.com/retargeting-mail-13869
4.【SNS広告とは?】その仕組みと種類や特徴・費用などを徹底比 …
https://okatakuma.tokyo/sns
5.Ferret マーケターのよりどころ
https://ferret-plus.com/519#p1
6.Webマーケティングの基礎知識|絶対知っておきたいポイント …
https://liskul.com/jissenmovie-web-marketing-basic-220

7.

【Webマーケティング手法】集客のための施策やテクニックをご紹介 | JobQ[ジョブキュー]
インターネットが発達した現代において、インターネットを使った広告は非常に重要です。たくさんの企業が「Webマーケティング」に注目しています。では、この「Webマーケティング」とはどのようなものなのでしょうか。そして、従来のマーケティングとどのように違うのでしょうか。この記事では、「Webマーケティング」について、そして...

8. 翔泳社 デジタル時代の実践スキル Web分析&改善 川田曜士 2019年

タイトルとURLをコピーしました