時代はIQよりEQ!感情リテラシーを高める「感情の輪」とは?

未分類

あなたの「感情リテラシー」はどのくらいですか?

一昔前までは能力としてIQばかりが重視されていました。
その数値が高い人たちのみしか加入できない
MENSAなんていう協会もありますね。

計算の速さや膨大な知識量は、
AIやロボットに任せればいい現代。
最近では、IQだけでなくEQの高さが同じく評価されています。

1. EQとは?

IQ=Intelligence quotient (知能指数)は、
誰でも1度は耳にしたことがあるでしょう。

EQは、Emotional Intelligenceの略。
心の知能指数(感情指数)のことで、例えば以下のような能力が挙げられます。
感情を知覚してコントロールする能力
自分だけでなく他人の感情を理解して共感する能力

EQが高い人の特徴

1. 批判に冷静に対処できる
EQの高さを示す特徴の1つは、自己認識力が高いこと。
自分がどんなことに怒りや幸福感を覚え、何に興味を持っているかなどを深く理解しています。

2. オープンマインド
EQが高い人は、物事に対して偏見を持たずに耳を傾けられます。
自分と違うからという理由で、他人のアイデアを自動的に否定することはありません。

3. 聞き上手
どのような感情が“聞く力”を妨げるかを知っているので、
そうした感情を切り離し、開いた心で相手の言葉に耳を傾けることができます。

4. 相手のために厳しいことも言える
他者の感情を認識する能力が高いですが、
だからと言って相手を気遣って、伝えることを回避したりはしません。
厳しいメッセージを伝えることの重要性も知っています。

5. 間違いは素直に謝罪する
自分が間違っていると気づいたとき、EQの高い人は、
無駄に時間を費やして自分の正当性を証明しようとはしません。
言い訳を探すよりも、素直にシンプルに謝罪をして、迅速に軌道修正をします。

EQを高めるトレーニング

EQは、訓練によって高めることが出来ます。
・自分と違う価値観を持つ人達と交流する
・他人の視点から物事を考えてみる
・自分の感情を客観的に見つめる、その理由を考える
など、すぐに実践できます♪

2. 感情リテラシーとは

情報リテラシー、健康リテラシーなど様々な場面で使われる
「リテラシー」とは、何かを読み取る能力のこと。
つまり、感情リテラシーは「感情」を読み取る能力のことです。

自分や相手の感情を理解して、それを適切に表現するとも言えるでしょう。

EQの中で、感情リテラシーは
最も基礎となるスキルと言われます。

このスキルを伸ばすには、
・感情ボキャブラリーを豊富にして
・異なる感情の相互関係を理解する
ことが必要です。

そんな時、感情理解に役立つのが、
プルチックの「感情の輪」と呼ばれる感情の色を図式化したものです。

詳しくみていきましょう。

3. プルチックの「感情の輪」

プルチックの感情の輪は、感情を色で表したものです。
感情の強弱は、色の濃淡であらわされています。

複雑な感情も、色の混合によって表すことができるといわれています。
感情を色覚化し、分かりやすくすることで感情の相互理解に役立ちます。

(1)基本感情


出典: プルチックの感情の輪|人間の感情は色で分類すると関連性がわかる?

プルチックの感情の輪には、8つの基本感情があります。
上図の真ん中から2つ目の輪にある
喜び・信頼・恐れ・驚き・悲しみ・嫌悪・怒り・期待の8つです。

これらは、それぞれ対になる感情を持っています。

・喜び↔悲しみ
・信頼↔嫌悪
・恐れ↔怒り
・驚き↔期待

対になっている感情同士は簡単には移行しにくいです。
なので、悲しみを喜びに変えるには
少しまわり道をしないといけません。

(2)二次感情

二次感情とは、基本感情が組み合わさって起きる混合感情のことです。

a.隣同士の混合感情


出典: プルチックの感情の輪|人間の感情は色で分類すると関連性がわかる?

 

b.一つおきの混合感情


出典: プルチックの感情の輪|人間の感情は色で分類すると関連性がわかる?

 

c.二つおきの混合感情


出典: プルチックの感情の輪|人間の感情は色で分類すると関連性がわかる?

a、b、cのように感情同士を組み合わせたり、
さらに感情の強弱をつけたりすることによって
様々な感情を表現できることが分かります。

(3)感情の濃淡と移行

人は元々ネガティブになりやすいもの。
ネガティブな感情を頂くこと自体は決して悪いことではありません。

不安を感じるから、適切に備えることができる。
怒りやイライラが、何かの原動力になることもある。

問題なのは、ネガティブ感情が
「過剰に」なったり「囚われすぎてしまう」ことです。


出典: プルチックの感情の輪|人間の感情は色で分類すると関連性がわかる?

上の図を見てもらうと分かるように、
色の薄い部分は下の方で繋がっていますね。

色を薄くすることで、他の色に移行しやすくなっていることを意味します。
つまり、感情を弱くすることで他の感情に変えやすくなるということ。

ついついカッとなってしまった時...
必要以上に落ち込んでしまった時...

まずは深呼吸して、落ち着くことで
過剰な感情を弱め、ポジティブに移行できるようになるといいですね。

 

4. マインドフルネス瞑想

ロボットにより代替されている知識量や計算の速さより、
人間しか持ち得ないコミュニケーション能力の高さが必要とされる今。

スティーブ・ジョブズのような起業家や、
大手企業の社長にエグゼクティブ、
スポーツ選手、セレブリティーたちの間で
いち早く「マインドフルネス瞑想」が人気なのは
自然な流れなのかもしれません。

やり方がわからないけれど、日常に取り入れたい!
そんな方には、初心者でも耳を傾けるだけで簡単に始められる
マインドフルネス瞑想アプリ「Relook」がオススメです✨

起床時や就寝時だけでなく、
不安な時やイライラした時、
集中したい時など...場面別コンテンツなど
400以上の音源が揃っています!

穏やかな呼吸と共に、感情の過剰反応を薄めて
心のホームポジションに戻る練習を1日5分でも継続すること。

これが、EQや感情リテラシーを高める秘訣かもしれませんね。


<参考>
・プルチックの感情の輪|人間の感情は色で分類すると関連性がわかる?(2019.04.12)
https://swingroot.com/plutchik-emotion/
・感情の輪
https://nurture-wiz.com/blog-manager/%E6%84%9F%E6%83%85%E3%81%AE%E8%BC%AA
・感情リテラシーを高める プルチックの感情の輪 (2019.01.28)
https://6seconds.co.jp/eq-articles/plutchiks-model-of-emotions

タイトルとURLをコピーしました