梅雨の「天気痛」って知ってる?原因や対処方は?

ヨガ

梅雨に入ると、雨がザーッと降って涼しい日もあれば、太陽が照って蒸し暑い日もあり、不安定な天気が続きます。

1年の中でも、晴れの日と雨の日が頻繁に繰り返される梅雨は、気圧の変動が大きく自律神経が乱れやすくなる時期。頭痛や身体のだるさといった不調を、いつも以上に感じる人も多いのではないでしょうか?

もしかしたら、それは「天気痛」かもしれません…!

今回は「天気痛」とは何なのか、原因や対策、天気痛による不調をヨガで和らげるにはどうしたらいいのか、ご紹介していきます。

1. 天気痛とは?

天気痛とは、「天気の影響を受けて生じたり悪化したりする、慢性の痛みや不調がある」ことをいいます。つまり、天気痛は病名ではなく、元々の持病が天気の影響によって悪化している状態のことを指します。

症状は人によって異なりますが、頭痛・肩こり・めまい・腰痛・神経痛・気分の落ち込み・不安などがあります。

日本人の3人に1人が1度は経験しており、国内に少なくとも1,000万人の患者がいると推定されている天気痛。

一体、どのようなメカニズムで天気痛による不調は起こるのでしょうか?

2. 天気痛の原因は?

天気痛の原因は、気圧・気温・温度等などが挙げられますが、中でも大きな要因は「急激な気圧の低下」です。そのため、梅雨や台風の時期に天気痛を発症しやすくなります。

気圧変化を感知する役割を担っているのが、耳の奥にある内耳と呼ばれる器官です。内耳のセンサーが気圧変化を捉えてアラートを出し、交感神経が優位になりすぎてしまうことから天気痛は生じます。


引用:天気の変化で不調を感じる「気象病」対処法は|日本経済新聞プラスワン

内耳の感度は人によって違いますが、敏感な人は気圧の少しの変化も感じ取ってしまいます。
気圧の変化は、前庭神経を通って脳に伝達されることで自律神経はストレス反応を引き起こします。
交感神経が興奮し、痛み物質が分泌・刺激され、実際の痛みとして感じるのです。

私たちは気圧の変化自体をコントロールすることはできませんが、天気痛対策として何かできることはあるのでしょうか?

3. 天気痛の対策

ここでは、天気痛の対策として「気圧変化との上手な付き合い方」をご紹介していきます。

気圧予測アプリ

気圧変化の予測情報が出ているのをご存知でしょうか?

梅雨や台風で低気圧が迫ってくる度に不調を感じる方には、アプリを活用するのがオススメです!

頭痛ーる」は、天気と気圧の変化がグラフで分かるアプリです。
気圧の大きな変化が予想される時には、あらかじめ前日に通知してくれます。

日々の体調の変化をグラフと照らし合わせることで、気圧の変動がいかに体調に影響を与えているのかが、よく分かります。自分自身の気圧に対する身体の敏感さをよく知る上でも役に立つでしょう。

体調が悪くなるかもしれないタイミングを予想することができれば、この日は意識的にリラックスする時間を作ろう、早めに就寝しようといった対策をすることができます。

お役立ちアイテム

オススメのお役立ちアイテムは、鼓膜にかかる圧力をコントロールして気圧変化を調整してくれる「耳栓」です!日本で唯一、天気痛外来を受け付けているクリニックの佐藤医師が監修しています。

また、天気痛に効くと言われる「内関」というツボを的確に捉えてくれる、こんなブレスレットも...!

効果を感じられるかどうかは、人それぞれですが、様々な気圧対策を試して、ご自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

湿度対策

梅雨と言えば思い浮かぶのがジメジメとした湿度。
気温も高くなっているので、より不快に感じますよね。

湿度対策と言えば、まずは除湿器が思い浮かびますが、
年間数ヶ月のために除湿器をわざわざ買うのもな...いう方は
扇風機やサーキュレーター、エアコンのドライ機能を上手に使うというのも手です。

意外とオススメなのが、年中使えて脱臭効果もある「木炭」です
物心ついた頃から我が家には木炭がありました。

私が幼少期に喘息や気管支炎持ちだったこともあるため、
除湿とカビ対策に脱臭効果も兼ねて置いていたようです。

木炭にはミクロ単位の穴が沢山開いていて、この穴が湿気を取り込み、嫌な臭いまで吸い込んでくれるのです!

広い部屋全てを炭だけで除湿するのは難しいので、靴箱、引き出し、トイレなど狭い場所に置くのが効果的です。

防虫効果も期待出来るので、クローゼットに置くにはぴったり!
ただ、触ると黒く付きますので、布等でくるんで使用して下さいね

4. ヨガで天気痛を和らげるには?

天気痛を引き起こす大きな原因の1つが、大きな気圧変化からくる「自律神経の乱れ」です。

自律神経は交感神経と副交感神経から構成されており、その2つがバランスよく機能することが大切になります。今回は自律神経を整えるのに効果的なヨガポーズを1つ厳選してご紹介します!

キャット&カウ

  1. まず、よつんばいの姿勢になります。
    両手は肩の真下、両足は腰幅に開いて、足の甲は床に寝かせましょう。
  2. 息を吸いながら胸を開いて、視線は天井。喉の前側が気持ちよく伸びるのを感じます。背骨は1本ずつ丁寧にしならせていくイメージ。
  3. 息を吐きながら両手で床を真下に押し、背中をゆっくり丸めていきます。
    頭の重みと首の後ろの伸びを感じて、視線はお腹へ移しましょう。
  4. 深い呼吸に合わせながら、2と3を5回ほど繰り返します。

自律神経は背骨の周りに通っています。
背中の筋肉が固まって柔軟に動かせない状態でいると、自律神経もうまく機能できません。

キャット&カウのポーズで背骨1本1本の動きを味わいながら、周りの筋肉をゆっくり動かすことで、しなやかさを取り戻していきましょう。

よつんばいではなく、椅子に座りながらでも行えるポーズです。
是非、日常生活や仕事の合間に取り入れてみてください。

 


<参考文献>
・気圧の変化で体調が...梅雨時期に現れる「天気痛」知ってる?|ananNEWS
https://ananweb.jp/news/118826/
・天気痛(テンキツウ)とは|コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E6%B0%97%E7%97%9B-897468
・日本でただ一人の“天気痛外来医師”に聞く「どうして雨の日は調子が悪くなるのか」|文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/3003
・エコな湿気対策!イチバン除湿効果のある「炭」はどれ?|四方山商店
http://yomoyamashop.com/00071/

タイトルとURLをコピーしました